清瀬汐希、ダブル主演映画で一糸纏わぬ姿に「試写会のときにすごく恥ずかしくて…」

映画・舞台 公開日:2022/10/28 14
この記事を
クリップ

グラビアアイドル清瀬汐希が28日、都内で行われた映画『月下香』の初日舞台挨拶に、ダブル主演の松井健太、共演の木村祐一小野島徹駆け抜けて軽トラ)、脚本家の乃木リリー氏、制作総指揮の友田ゆうき氏とともに登壇した。



平穏な結婚生活を送る田中亜美(清瀬)はある日、仕事上のトラブルから年下の若き画家・柏木潤(松井)と出会う。軽い気持ちで絵画モデルを引き受ける亜美だったが、次第に2人は強く惹かれ合い恋心が抑えられなくなっていく。その許されぬ恋の果てに辿り着いた結末は?切なくも官能的な不倫の恋を描いた禁断のラブ・ストーリー。


松井とともにダブル主演を務めた清瀬は、初めての舞台挨拶ということもあり緊張した面持ちでステージに登壇。MCから撮影現場でのエピソードを尋ねられると「正直なことを言うと、タイトなスケジュールで撮影をしたので、ずっと緊張していてあまりエピソードを覚えていないというのが本当のところです」と正直に語り、「人見知りをしてしまうので、みなさんに話しかけられなかったんですけど、みなさんがたくさん話しかけてくださって、木村さんとも短い時間だったんですけど、現場で緊張しながら『お願いします』と挨拶させていただきました」と回顧。


これに木村は「初めてでその日しかないということで、なかなかお近づきにはなれませんでしたが、作品の内容はすごいですね。芸術作品映画ですよね」と絶賛し、「長いことカメラが回っていたでしょ。あれはすごいよね。監督からはどれくらいまでやってと指示があったんですか?」と清瀬と松井のベッドシーンに興味津々。これに清瀬が「特に指示はなかった」と明かすと、木村は「ベッドシーンは『普段通りで』って言う人(監督)が多いらしいんですけど困りますよね。それをやりきっていたのですごいなと思いました」2人を誉めた。


また、本作でヌードに挑戦したことについて清瀬は「本番のときは恥ずかしいという感じが一切なくできたんですけど、試写会のときにすごく恥ずかしくて、周りをキョロキョロ見ながら見ていました」と恥ずかしそうに語り、劇中に出てくる自身のヌードの絵を見た感想については「コロナ禍で(画家と)お会いすることができなかったので、私のSNSを見て描いてくださったんですけど、出来上がった作品を見たときは“えっ!? 私だ!”、“すごく似てる!”って思いました」と驚きの声を上げた。


さらに、撮影現場が極寒だったようで、清瀬は「アトリエもめちゃくちゃ寒くて、ストーブが5個くらいあったんですけど、音が出ちゃう関係で切らないといけなくて、すっごく寒い中、音が出ないストーブを2個くらい、遠くに置いて撮影したんですけど、それが寒くて寒くてしょうがなくて、カメラに鳥肌が映らないかすごく心配していました」と苦労を明かし、旦那役の松本博之がオフの日にモコモコの靴下とカイロを買ってきてくれたことを明かし「作品通りに優しい方で、それで乗り切れましたね」と感謝した。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 18件)

KEYWORD

注目のキーワード

PRESENT

読者プレゼント