生田絵梨花、映画『Dr.コトー診療所』に参加「幸せだった」“先輩”柴咲コウから演技のヒント

映画・舞台 公開日:2022/10/26 7
この記事を
クリップ

映画『Dr.コトー診療所』(12月16日公開)の製作報告会見が26日、都内で行われ、吉岡秀隆柴咲コウ大塚寧々高橋海人King & Prince)、生田絵梨花泉谷しげる筧利夫小林薫、メガホンをとった中江功監督が登壇した。


東京から僻地の離島に赴任してきた外科医“Dr.コトー”こと五島健助と、島の人々との交流を通して命の尊さを描いた『Dr.コトー診療所』。原作は山田貴敏氏の同名マンガで、2003年にフジテレビで連続ドラマ化。第2期まで製作され人気を集めた。そして今回、実に16年ぶりにおなじみのキャスト・スタッフが集結し、満を持して映画化される。







主人公・五島健助を演じた吉岡は、司会者から「コトー先生はずっと心にあった?」と聞かれると「ありません、僕の中では」と素直に告白。「でも監督に会う度に『今どうしているだろうね』とか話していた。監督の中で消えていなかった火を、僕に火を焚き付けてくれた」と語った。


16年前と変わらぬキャストの中で、映画からの参加となったのは高橋と生田。島の診療所で研修する新人医師と看護師をそれぞれ演じている。生田は「みなさんと同じ空気を吸って診療所で奮闘できて幸せだった。撮影中は緊張を忘れるくらい、みなさん温かく自然体で迎えてくれた。そのおかげで楽しみながら学ぶことができた日々。改めてすごい場所に入らせていただいたと実感して、再び身震いしております」と撮影を振り返った。



また、診療所での“先輩”となる柴咲との共演シーンについては「柴咲さん演じる彩佳さんの表情が、先輩としていい表情していた。モニターを見たとき、彩佳さんが見守っているからたくましくなくてはいけない、彩佳さんどんな時もついて行って、何かあったらすぐ行動できる人じゃないといけないなって。柴咲さんの表情から、演技のヒントやひらめきをたくさんもらいました」と感謝した。




同じく映画から参加の高橋は、撮影すべてが苦労の連続だったという。「みなさんの熱量や自分の至らなさに打ちのめされた。家に帰って悔しかった。また準備して現場で打ちのめされての繰り返し。求められる水準が高く、しがみついて頑張った」と力を込めて話した。


島の医療について問うシーンは、監督から何度もやり直しを求められ、20〜30テイクほど重ねた。同シーンは泉谷や小林、筧ら大先輩が参加しており「神たちに見守られている感じだった。それが生きた心地しなかったですね…」とポツリ。


すると泉谷が「ちゃんと助けただろう、ちゃんと言えよ!」と助け舟を出していたことを指摘。高橋は「助けてくれてうれしかったけど、スタッフさんに対して『謝れ』とか監督に『厳しすぎだろ』という言葉が逆にブーメランで僕に返ってくるっていう…」と苦笑い。苦労も気遣いも多かった現場だが、「僕の中で限界突破、100を超えて120%頑張ったと感じる」と胸を張った。


会見で、中江監督が実写『Dr.コトー診療所』は「これで1回終わる。こんなこと言っていいのかわからないけど、今後(映画やドラマ化は)やる気はない」と断言。するとMCの軽部真一アナウンサーが「フジテレビの場合、昔『海猿』という映画があってファイナルと言って、その後どんどん作ったことがある」と“前例”を紹介し、報道陣を笑わせた。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 34件)