松村北斗、オーディション前に神木隆之介の助言求める「チートかなと(笑)」

映画・舞台 公開日:2022/10/25 12
この記事を
クリップ

SixTONES松村北斗が25日、都内で行われた新海誠監督の最新アニメーション映画『すずめの戸締まり』(11月11日公開)の完成披露試写会後の舞台あいさつに原菜乃華染谷将太伊藤沙莉花瀬琴音RADWIMPS野田洋次郎、映画音楽作曲家陣内一真氏、新海監督とともに出席した。



3年ぶりとなる新海監督作品『すずめの戸締まり』は、日本各地の廃墟を舞台に災いの元となる“扉”を閉めていく少女・すずめの解放と成長を描く現代の冒険物語となる。


この日、公開前のタイミングで約5000人が本作を鑑賞。エンドロールが終わると、会場にいた観客がスタンディングオベーションで新海監督とキャスト陣をお出迎え。壇上へいつまでも止まない拍手が送られた。


つい最近まで本作の編集を行っていた新海監督は「どう届くのかとても不安で、一刻も早く関係者じゃない方に見てもらいたかった。きょうは帰ってエゴサーチしてどう思ってくれたのか見ていきたい。この日が来て、とても幸せ」としみじみと語った。


松村は「この場に5000人に集ったことにひどく感動した。この拍手が、みなさんが新海監督に届けたかった映画への返事かな」とにっこり。また、「新海監督は『どうか僕の大好きな人の作品がものすごい愛され方をしますように』と思わせてくれる人物だった。その方が指揮をとって1000人近いスタッフさんが同じ思いで集まって作った映画。あの拍手は当然だったなと思える作品」と胸を張ってアピールした。


【関連】松村北斗『すずめの戸締り』新海誠監督とのアフレコ回想「明日を生きていく楽しみもらった」


この日、本作に『君の名は。』で立花瀧の声を担当した神木隆之介が出演していることが明らかになった。松村演じる草太の親友・芹澤朋也役として登場する。


新海監督は、映画『ホリック xxxHOLiC』で松村と神木が共演しているのを見て「なんだか芹澤朋也役にぴったりだと思った」とすぐに神木にオファーした。しかし、「ちょっとこれは正解じゃない」と1度断られたという。「あれだけ出たいと言っていたのに(笑)。『新海さん僕はアップ出来ているからいつでもやれます』と連絡きていたのに。主役じゃないとやってくれないのかなと思っていた」と笑いながら打ち明けた。


後日、神木と電話した新海監督は「話を聞いたら、瀧を演じたから芹沢で上書きしてしまってはよくないと言ってくれて。でも僕は見た人が一見神木くんじゃないと思えるキャラクターになればそれが芹沢にとって1番いいんじゃないかって。もう一度お願いして、最後はご快諾いただいた。いま振り返れば、芹沢は神木くん以外ありえなかった」と裏話を披露し、会場のファンを驚かせた。


また松村は、『すずめの戸締まり』のオーディションを受ける前、神木に「相談しました」と告白。「声を当てる仕事ってなんだろうと思って、アバウトな質問でしたけど『コツとなるヒントありますか?』と聞きましたね」という。新海監督は「神木くんにそれを聞くことは答えを知ることに近い」と指摘すると、松村も自覚していたようで「ちょっとチートかなと(笑)」とコメントし、笑わせた。


▼完成報告会見レポ


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 25件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント