『なのに、千輝くんが甘すぎる。』なにわ男子 高橋恭平“千輝”の熱烈なファン役に鈴木美羽

映画・舞台 公開日:2022/10/26 8
この記事を
クリップ

講談社「月刊デザート」にて連載中、1巻発売直後に異例のスピードで重版がかかり、既刊7巻で220万部を突破した、亜南くじらによる超人気コミック『なのに、千輝くんが甘すぎる。』の待望の実写映画化が決定し、松竹配給にて、2023年3月3日(金)より全国公開となる。このたび、鈴木美羽の出演が解禁された。



原作は、そのインパクトあるタイトルと、次から次へと登場する女子憧れの胸キュンシチュエーションが話題となり、全国のティーン女子たちがドハマりする、憧れ度No.1“片想いごっこ”ラブストーリー。陸上部のエースで学校イチのイケメン・千輝彗(ちぎら・すい)役を、本作が映画初主演となるなにわ男子高橋恭平が務め、ヒロインの如月真綾(きさらぎ・まあや)を、20歳にして芸歴19年という経歴を持つ女優・畑芽育が演じる。


さらに、千輝のライバルでもある手塚颯馬(てづか・そうま)役を板垣李光人、真綾の親友役・小原知花(おばら・ちか)役を莉子、真綾が人生で初めて告白するメガネの園芸部員・山田太郎(やまだ・たろう)役を曽田陵介、千輝ファンの女子高生・ヒナ役を箭内夢菜が演じることが解禁となり、この度、第6弾として千輝ファンの女子高生・モモ役を鈴木美羽が演じることが解禁となった。


鈴木が演じるモモは、学校イチのイケメン・千輝の熱烈なファンの一人で、ヒナ(箭内)と一緒に、陸上部に所属する千輝の応援に日々勤しんでいる。常に塩対応の千輝にめげず、練習後にタオルを差し出したり、試合の応援に行ったりしている。2012年に「第16回 ニコラモデルオーディション」でグランプリの5人に選ばれ専属モデルとしてデビューした鈴木は、ドラマ『黒崎くんの言いなりになんてならない』でドラマ初出演、その後同作で映画初出演を果たし、その後も『WALKING MAN』『ひらいて』など、コンスタントに映画やドラマ作品に出演している。2018年には恋愛リアリティ番組『太陽とオオカミちゃんには騙されない』に出演。2021年からはTBS『王様のブランチ』のリポーターに就任し、幅広い分野で活躍している。

 

千輝ファンを続けるモモは、千輝と真綾、そして手塚の恋の行方にどう関わってくるのか。6週連続キャスト解禁もいよいよ次週がラスト。次なる第7弾キャスト解禁にも注目だ。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント