清野菜名 松坂桃李 山田裕貴 内田理央が過去に迫られた“究極の選択”『耳すま』キャストが青春トーク

映画・舞台 公開日:2022/10/25 6
この記事を
クリップ

現在大ヒット上映中の実写映画『耳をすませば』より、このたび、清野菜名松坂桃李山田裕貴内田理央が青春トークを繰り広げるスペシャル映像が到着した。



1989年に少女まんが雑誌『りぼん』で連載された不朽の名作『耳をすませば』の実写映画が現在大ヒット上映中。漫画・アニメ映画で描かれた中学生時代の物語はもちろん、完全オリジナルストーリーの10年後の物語が加わり、大人になった月島雫を清野菜名が、天沢聖司を松坂桃李がW主演で演じる。


【関連】山田裕貴は“流行りのジャケット”で明るく元気な印象に『耳をすませば』新場面写真解禁


撮影スタート直後からコロナ禍の影響を受け、公開にたどり着くまでにかかった年月は約2年半。様々な困難を乗り越え遂に10月14日に上映を迎えるやいなや、ネット上では「作品へのリスペクトと愛を感じる」「この上ない優しく温もりのある作品」など、大人になっても変わらない雫と聖司の甘酸っぱすぎる物語に絶賛の声が。


そして今回解禁されたのは、清野菜名、松坂桃李、山田裕貴、内田理央が青春時代を赤裸々に明かすスペシャル映像。収録日の10月14日が誕生日の清野、その3日後の10月17日が誕生日だった松坂が「お誕生日企画」と題して「耳をすませばチャレンジ」にトライする様子も解禁となった。


「甘酸っぱい青春時代のエピソード」を聞かれた清野は、学生時代は今と違い「目立ちたがり」で学級委員などにも立候補していたという過去を明かす。また、本作で大人になった雫が「仕事」か「夢」かの選択を迫られるシーンにちなみ、「人生の選択を決断するとき、何を基準に考えるか」といった質問も。松坂が「大学をやめるか、俳優を続けるか」の究極の選択に迫られた過去を語ると、同じく山田も「大学進学or俳優業専念」、内田も「銀行に就職or女優への道」で悩み、大きな選択をした過去を話す。すると清野も「地元の高校への進学or上京」で悩んでいたと明かし、自分の「直感」を信じて上京したという学生時代の大きな決心を語った。


また、この日誕生日を迎えた清野、3日後に誕生日を迎える松坂へ映画『耳をすませば』に登場する地球屋をイメージした大きなバースデーケーキがプレゼントされた。中学生キャストがケーキを運び込み、キャスト全員で盛大にお祝い。オリジナルケーキは、劇中に登場する猫(ムーン)や聖司の自転車などのモチーフが飾られており、可愛らしいケーキに⼀同大興奮。さらに豪華なプレゼントを用意したという番組側だが、それを受け取るには「耳をすませばチャレンジ」をしなければならないというー。「ある⾔葉を約5倍速で再生し、聞き取ることができればプレゼントをゲット」というチャレンジングな企画を聞いた松坂は「誕生日なのにもらえないパターンとかある?」とコメントし笑いを誘った。早速、企画にトライする清野・松坂だが、想像以上に速すぎる音声スピードで答えが分からず大焦り…。果たして無事正解し、プレゼントをゲットできるのかー?


青春時代を垣間⾒れるような赤裸々トークや、難しすぎる「耳をすませばチャレンジ」にトライする様子から、キャストの素顔が垣間⾒える映像に仕上がっている。映像から仲の良さがひしひしと伝わってくる『耳すま』キャストが、完全オリジナルとなる10年後の物語をどのように演じているのか、ぜひ劇場で⾒届けてみては。


▼映画『耳をすませば』気になる質問答えちゃいますスペシャル!



■『耳をすませば』
大ヒット上映中!
【配給】ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント/松竹

©柊あおい/集英社 ©2022『耳をすませば』製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)

KEYWORD

注目のキーワード

PRESENT

読者プレゼント