小宮璃央が今にもキスされそうに…主演務める映画の“BL×ホラー”な場面写真が一挙解禁

映画・舞台 公開日:2022/10/14 15
この記事を
クリップ

『探偵はBARにいる』や『HOKUSAI』など有名作品を手掛ける橋本一監督によるオリジナル作、映画『グランギニョール』が2022年10月28日(金)に公開となる。このたび、本作の新場面写真が解禁された。



本作は、勢揃いした注目の若手俳優たちが、ボーイズラブ(BL)×ホラーという斬新な内容に体当たりで挑む世界初の新感覚BL学園ホラー。俳優陣には、今大注目の清純派イケメン俳優たちが集結しており、主人公の穂村イツキ役を『魔進戦隊キラメイジャー』でドラマ初主演を果たして以来、数々の作品に出演している小宮璃央が、また恋愛リアリティ番組『月とオオカミちゃんには騙されない』への出演で話題になった曽田陵介や、浦上晟周(『HOKUSAI』など)、山田瑛瑠(『王妃の館』など)、市川理矩(『さまよう刃』など)、笹森裕貴(「ミュージカル『刀剣乱舞』」シリーズなど)など、“BL×ホラー”の世界観にマッチした期待の若手イケメン俳優たちが顔を揃える。また、教師を演じる金子みひろ、小池里奈や、料理長の中尾暢樹など、生徒役以外にも個性的なメンバーたちが不穏な空気を漂わせる。

【関連】『高良くんと天城くん』小宮璃央“田中”に「株がただただ爆上がり」回想シーンも話題に


問題を起こした生徒だけが集められ、世間からの通信が遮断された孤島の学園。穂村イツキ(小宮璃央)は、その学園に転校生としてやってきた。学園には、19世紀のフランスの残酷演劇“グランギニョール”研究会があり、イツキは成り行きでその研究会に入ることになる。研究会のメンバーに加え、彼らを管理する教師や料理長、謎の新任教師など…学園に集まった人々はどこか怪しげだ。そしてついに、“グランギニョール”のような連続殺人事件が起こる。イツキたちは逃げる術の無い孤島で、死の恐怖と男同士の愛と憎しみの渦の中に巻き込まれていく…。


情熱的なキスや殺人などの過激なシーンの連続に挑んだ、若手イケメン俳優たちの限界を超えた体当たりの演技は正に必見。思わずドキっとしてしまう濃厚なラブシーンやキュートな表情が見どころであるのはもちろんのこと、血しぶきのあがる鮮烈なシーンも清純派イケメン俳優たちの演技で、どこか美しささえ感じるはず。また、BLとホラーという斬新な組み合わせが引き起こす化学反応が、作品をより一層鮮烈で刺激的にしている。


このたび、主演の小宮璃央ら若手イケメン俳優たちによる体を張った“BL&ホラーシーン”を捉えた新場面写真が一挙に解禁された。


【画像】“BL×ホラー”な場面写真


場面写真には、登場人物たちのさまざまな学園でのシーンが収められており、主人公のイツキ(小宮璃央)がテシオ(浦上晟周)の耳元で何かを囁く男らしいシーンがあると思いきや、イツキが白いワンピース姿でテシオに顎を持ち上げられ、今にもキスをされそうなシーン。アマガミ(曽田陵介)がメイド服姿で料理長の水上真治(中尾暢樹)を見つめるシーンなど、BL満載の場面写真が露わに。また何かに怯えるイツキ、アマガミ、ヒルコ(山田瑛瑠)、バトー(市川理矩)や顔が傷だらけのヒデト(笹森裕貴)などホラーシーンを彷彿とさせるカットや、学生以外にも教師の竹之宮雪美(金子みひろ)がイツキを抱き抱えるシーン、冷たい表情をした大判莉乃(小池里奈)の姿、さらに謎の怪物の写真がとらえられた写真も…。この怪物がグランギニョールのような残酷劇を起こし、1人また1人と孤島の学園で人が消えていく。この怪物の正体は一体何なのか。問題を起こした生徒なのか。それとも学生らを管理する教師、料理長なのか。世界初の新感覚BL学園ホラーの本編が気になる新場面写真の数々となっている。


<ストーリー>
とある孤島に、世間からの通信が遮断され、問題を起こした生徒だけが集められる学園がある。ある日、穂村イツキ(小宮璃央)は、その学園に転校生としてやってきた。学園には、19世紀のフランスの残酷演劇グランギニョールの研究会があり、メンバーたちは普段から残酷な舞台を制作していた。研究会のメンバーに偶然出会ったイツキは、そのまま成り行きで研究会に入ることになる。

クセのある研究会のメンバーに加え、彼らを管理する教師に料理長、イツキと共に学園にやってきた謎の新任教師など…どこか怪しげな学園の人々…。そして、イツキの歓迎会が催された夜、ついに殺人事件が起こる。犯人は一体誰なのか、誰を信じれば良いのか、どうすれば逃げられるのか…外部と隔絶された学園の中、イツキたちはまるでグランギニョールのような残酷劇に巻き込まれていくのだった。

1人また1人と消えていく仲間、ほとばしる血しぶき、そして濃厚なキス…死の恐怖と男同士の濃厚な愛憎の渦の中、崩壊していくイツキたちの精神。これは現実なのか、グランギニョールのフィクションなのか…。追い詰められていく彼らの運命は―。



■映画『グランギニョール』
2022年10月28日(金)より池袋シネマ・ロサ他全国順次公開

©橋本一/ダブルフィールド

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 8件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント