目黒蓮×今田美桜 映画『わたしの幸せな結婚』特報解禁、監督は『最愛』の塚原あゆ子

映画・舞台 公開日:2022/10/14 7
この記事を
クリップ

Snow Man目黒蓮今田美桜が共演する映画『わたしの幸せな結婚』のティザービジュアルと特報が初解禁となった。





“いま最も注目のラブストーリー”

日本最大級の小説投稿サイト「小説家になろう」で連載がスタートし、2019年に小説とコミックが刊行されると、瞬く間に注目を集め、シリーズ累計発行部数が500万部(2022年7月時点/コミック・電子書籍含む)を突破した「わたしの幸せな結婚」。


大正ロマンを思わせる時代を背景に、ある宿命をもつ家系に生まれ、能力のなさや生い立ちゆえに家族から虐げられてきたヒロインが、自分を信じて愛してくれる男性と出会い、その人を愛することで、新たな運命を切り開いていく―。そのストーリーが絶大な人気を博し、アニメ化も決定するなど、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの“いま最も注目のラブストーリー”を実写映画化。そんな本作の公開日が2023年3月17日(金)に決定した。


Snow Man目黒蓮が映画単独初主演、監督は塚原あゆ子

男性とは思えないほどの美貌の持ち主だが、冷酷無慈悲と言われている主人公・久堂清霞(くどう きよか)を演じるのは、本作が映画単独初主演となる目黒蓮(Snow Man)。名家に生まれながらも家族に虐げられてきたがゆえに自信のないヒロイン・斎森美世(さいもり みよ)を、多方面で活躍の場を広げる女優・今田美桜が演じる。


そんな本作のメガホンをとるのは、『アンナチュラル』(18年)、『MIU404』(20年)、『最愛』(21年)など、話題のドラマを数多く手がけ、映画デビュー作となった『コーヒーが冷めないうちに』(18年)も大ヒットを記録した塚原あゆ子監督。 繊細かつ大胆な演出で、多くの視聴者の心をとらえ、今最も新作が期待される監督が、今最も注目を集めるラブストーリーの演出を手掛ける。


心揺さぶるティザービジュアル

そしてこの度、ティザービジュアルと本編映像が初解禁となった。
今回解禁となったのは、透明感のある青を基調として春を彷彿とさせる桜が舞っているかのような鮮やかな色彩が美しいビジュアル。この作品が持つ幻想的な雰囲気、そして二人の間の意味深な距離感から、どのような物語が本作で描かれるのか、想像を掻き立てるビジュアルとなっている。その中で、凛々しくも冷酷さが伺える表情で佇む清霞(目黒)は、部隊を率いる厳格な隊長としての軍服姿を初披露。


ピンク色の可憐な着物を纏う美世(今田)の姿もあり、お互い正面を向いているのにどこか惹かれ合っているかのようなビジュアルと「この世界に 一人きりだと思っていた あなたに出会うまでは」というコピーが相まって、この先の二人の物語を想像させる、心揺さぶるデザインに仕上がった。


本編映像を初解禁

さらに、30秒の特報映像にて本編映像を初解禁。「誰からも愛されず、ただ孤独に虐げられてきた」とモノローグから始まり、名家に生まれたとは思えないほど質素な姿で、苦しみながら壮絶な過去を生き抜いてきた美世。一方で「誰も愛さず、ただ孤独に生き抜いてきた」と、心を閉ざしながら、軍人として、名家の当主として、強くなることを誓い生きてきた清霞。最後には、そんな交わることのなかった孤独な二人の「あなたと出会って、運命が―変わる。」という声が、力強く重なり、運命が大きく変わる出会いの瞬間を映し出したエモーショナルな映像となっている。塚原監督による、壮大な世界観のなかで描かれる映像美にも注目しよう。


▼特報映像


■『わたしの幸せな結婚』
公開:2023年3月17日(金)
配給:東宝
撮影スケジュール:2022年1月末~3月中旬(クランクアップ済)

ⓒ2023映画『わたしの幸せな結婚』製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント