黒羽麻璃央主演、藤井道人プロデュース 映画『生きててごめんなさい』公開決定

映画・舞台 公開日:2022/10/14 7
この記事を
クリップ

黒羽麻璃央が主演を務める映画『生きててごめんなさい』が、2023 年2月3日(金)よりシネ・リーブル池袋、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国順次公開されることが決定し、メインビジュアル及び本作監督の山口健人とプロデューサーの藤井道人のコメントが到着した。




『余命 10 年』監督の藤井道人がプロデューサーとして新たなテーマを世に送り出す。本作の監督を務めるのは、藤井監督の下で多くの作品に携り、綾野剛主演のドラマ「アバランチ」では藤井と共に演出を担当した新鋭・山口健人。令和を代表する二人のクリエーターが、新作映画『生きててごめんなさい』(通称:イキゴメ)で現代の日本の若者たちが抱える「病み」を鋭い視点で描く。


主演は社会現象を引き起こしたミュージカル「刀剣乱舞」のメインキャラクターである三日月宗近役を演じた黑羽麻璃央。本作ではそれまでの華やかな役とは違う一癖ある難しい役どころに挑戦。ヒロインの莉奈役は、映画『少女邂逅』(監督:枝優花)で初主演を務め、『街の上で』(監督:今泉力哉)などの話題作に出演し、アメリカのテレビシリーズ「SHOGUN」の放送が控えるなど、着実にステップアップしている穂志もえかが務める。


黑羽演じる修一の高校の先輩で大手出版社の編集者・今日子役で松井玲奈(『よだかの片想い』主演)、修一が編集を担当することになる売れっ子コメンテーター・西川役で安井順平(「妖怪シェアハウス」「極主夫道」)、修一の同僚役で冨手麻妙(「全裸監督」奈緒子役)、莉奈のバイト先のカップル役で八木アリサ(ミュージカル「RENT」ミミ役)と飯島寛騎(「仮面ライダーエグゼイド」主演)が演じる他、安藤聖、春海四方、山崎潤、長村航希ら実力派が脇を固める。



監督:山口健人 コメント

この物語には、世界を救うヒーローもロマンチックな大恋愛を繰り広げるカップルもいません。主人公になりたくてもなれず、脇役に甘んじて生きるカップルの物語です。怒りや悲しみは日常の喧騒に埋もれて行き場を無くし、人生の意味なんて考える余裕もなく、心の叫びを声にできないまま生きることが当たり前になってしまったカップル。映画の主人公にはならなそうなふたりだけど、そこには現代社会に生きる人々が抱える生きづらさが詰まっています。この物語は、ヒーローやヒロインの物語ではなく、”あなた”の物語です。強烈にネガティブなタイトルですが、見終わって劇場を出たら、少しポジティブになって明日も生きよう!と思えるはず。そうなってもらえたら嬉しいなぁ。是非、劇場でご覧頂けたら嬉しいなぁ。


プロデューサー:藤井道人 コメント


『生きててごめんなさい』は、ややこしいけど愛おしい、2 人の男女が傷つけ合いながらも自分と向き合っていく、新しい恋愛映画だと思っています。剥き出しの感情をぶつけ合う黑羽麻璃央君と穂志もえかさんの芝居は、監督として嫉妬してしまうほど素晴らしかったです。物事の重さ、軽さ。深さ、浅さ。本物と偽物。きっと、監督が日々悩み続けて来たであろう葛藤が、余すことなく描かれています。BABEL LABEL を黎明期から支えた山口健人のオリジナル映画を是非お楽しみに。


あらすじ

出版社の編集部で働く園田修一(黑羽麻璃央)は清川莉奈(穂志もえか)と出逢い、同棲生活をしている。修一は小説家になるという夢を抱いていたが、日々の仕事に追われ、諦めかけていた。莉奈は何をやっても上手くいかず、いくつもアルバイトをクビになり、家で独り過ごすことが多かった。

ある日、修一は高校の先輩で大手出版社の編集者・相澤今日子(松井玲奈)と再会し、相澤の務める出版社の新人賞にエントリーすることになる。一方、自身の出版社でも売れっ子コメンテーター西川洋一(安井順平)を担当することになるが、西川の編集担当に原稿をすべて書かせるやり方に戶惑う。修一は全く小説の執筆に時間がさけなくなり焦り始める。

そんな中、莉奈はふとしたきっかけで西川の目に止まり、修一と共に出版社で働く事となる。西川も出版社の皆も莉奈をちやほやする光景に修一は嫉妬心が沸々と湧き、莉奈に対して態度が冷たくなっていく。いつしか、喧嘩が絶えなくなり―。

※本記事は掲載時点の情報です。

KEYWORD

注目のキーワード

PRESENT

読者プレゼント