橋本環奈 眞栄田郷敦らが死のループに挑む『カラダ探し』初公開カットも交えた最終予告解禁

映画・舞台 公開日:2022/10/14 6
この記事を
クリップ

本日10月14日(金)に全国劇場公開を迎えた映画『カラダ探し』より、最終予告が解禁された。

【関連】『カラダ探し』眞栄田郷敦が橋本環奈の演技絶賛「こっちがついていけない…」



小説投稿サイト「エブリスタ」(旧・E★エブリスタ)で人気No.1の携帯小説として話題となり、2014年には村瀬克俊による漫画版が「少年ジャンプ+」(集英社)で連載され、累計閲覧数1億回を初めて突破。コミックスはシリーズ累計発行部数340万部を突破する、Z世代のバイブル的ホラー『カラダ探し』が待望の実写化。橋本環奈眞栄田郷敦山本舞香神尾楓珠醍醐虎汰朗横田真悠ら、圧倒的な人気を博す若手キャストが集結した超刺激的ループ型ホラー体験、映画『カラダ探し』は本日10月14日(金)より遂に全国劇場公開。劇場体験ループホラーの先に、死ぬほど爽快なラストが待っている――。


【画像】場面カット(全5枚)


このたび、本作の最終予告が解禁された。深夜の学校に、突然集められた性格もグループも異なる6人のクラスメイトたち。主人公の明日香(橋本環奈)、クラスの人気者で明日香の幼馴染・高広(眞栄田郷敦)、ムードメーカーのヤンキー女子・留美子(山本舞香)、不登校の引きこもりゲーマー・篤史(神尾楓珠)、いじめられっ子のオカルトオタク・翔太(醍醐虎汰郎)、才色兼備の学級委員長・理恵(横田真悠)ら、それぞれ孤独を抱えていた彼らが、‟カラダ探し“を通じて次第に仲間としての友情を育み、大いなる脅威に挑んでいく様が、初公開カットを交えて描かれる。主題歌も提供するアーティストAdoによる疾走感溢れる挿入歌『リベリオン』にあわせ、終わらない死のループから抜け出すために、“赤い人”の恐怖に立ち向かうが…理恵が居なくなった?いつもの今日と違う?明かされる衝撃の事実とは一体?果たして、6人は明日を手に入れることができるのか。


先日行われたジャパンプレミアや試写会では、「ドキドキの連発!最後まで目が離せない!」「ずっとエモかった。ホラーなのに感動の号泣してしまう新感覚」「最高!しっかり怖いけど観ていて楽しい」「予想外の連続でジェットコースターみたい!」「ホラー苦手でも凄い楽しめた!笑いあり、青春あり!『IT/イット』みたいな感じ」など早くも劇場体験ループホラーへの感想コメントが続々と集まっており、壮絶なアクションホラーの中にエモーショナルな青春群像劇を巧みに織り込んだ演出に多くの観客が絶賛。主演・橋本環奈も登壇したジャパンプレミアにて、「友情もアクションもこだわった、多くの皆さんに楽しんでいただける体験型の映画です。青春っていうのをみなさんに瑞々しく届けられる作品となっていますので、ホラーが苦手な方にこそ観てほしいです。」とコメントを寄せている、6人の仲間たちが圧倒的チームワークによって、〈恐怖〉の先にある〈爽快感〉をも感じさせる全く新しい超刺激的ループ型ホラー。映画『カラダ探し』をぜひ映画館で体感してみては。



▼映画『カラダ探し』最終予告




■『カラダ探し』
大ヒット上映中!
【製作幹事・配給】ワーナー・ブラザース映画

©2022「カラダ探し」製作委員会


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント