生田絵梨花主演ミュージカル『MEAN GIRLS』ピンクのキュートなビジュアル解禁

映画・舞台 公開日:2022/10/03 9
この記事を
クリップ

2023年1月30日(月)より東京建物Brillia HALLにてブロードウェイミュージカル『MEAN GIRLS』が上演される。



アフリカで生まれ育った主人公ケイディが16歳で初めて、学校に通いスクールカーストトップの女の子たちと過ごす中で、キラキラした笑顔の裏に隠された弱肉強食な女の子の世界に触れ、大切なことは何か学んでいく、2004年にアメリカで制作された映画『MEAN GIRLS』。リアルな女の子の学園生活がティーンに刺さり、大ヒットを記録した。リンジー・ローハン主演、レイチェル・マクアダムスやアマンダ・サイフリッドも共演するハイスクールコメディ映画の代表作がミュージカル化。


【関連】「4年前の自分に報告してあげたい」生田絵梨花、日本初演ミュージカルで単独主演に抜擢


2018年にブロードウェイで開幕した本作はキャストの大半が若く、パワフルで勢いのあるカンパニーとして注目され、同年のトニー賞では作品賞、主演女優賞、脚本賞など、最多の12部門でノミネートされた作品だ。


主人公ケイディ・ヘロン役には生田絵梨花、ケイディの同級生でロック好きの女子ジャニス役を演じるのは、田村芽実。高校のカースト最上位に君臨するアイドル的存在の3人組「プラスティックス」のボスで女王様的存在レジーナ・ジョージ役に、石田ニコル。ケイディの同級生でゲイの男子ダミアン役に内藤大希。「プラスティックス」の1人で学園の情報通グレッチェン役に、松原凜子。「プラスティックス」の1人で学園随一のおとぼけキャラカレン・スミス役には松田るか。ケイディと同じ数学のクラスのイケメン、アーロン役に小野塚勇人。数学クラブに所属している数学オタクのケヴィン役に中谷優心。ノースショア高校のデュバル校長役に黒須洋嗣。ノーバリー先生、ミセスジョージと一人2役を演じるのは壮一帆といった壮観たるメンバーが一堂に揃った。


今回、アフリカで生まれ育った生田絵梨花演じるケイディがスクールカースト上位グループのプラスティックスのメンバーに変身するキュートなビジュアルが解禁となった。キャストがスクラップされたピンクの背景は作中に登場するクラスメイトの悪口を書いたBurn Bookを彷彿とさせる。そして本日10月3日は作中で主人公ケイディが一目惚れをしたアーロンから日付を聞かれた日であり、アイコニックな日として映画ファンに愛されている。


ウエストエンドでの公演も決定し、ミュージカル版での再映画化も予定されている本作の初となるインターナショナル・プロダクションとして日本版初演を上演する。ガールズパワー溢れる今作に期待が膨らむ。


<STORY>
動物学者の両親を持ち、アフリカ育ちのケイディ・ヘロン(生田絵梨花)は16歳になって初めてアメリカに引っ越すことになる。これまで自宅学習で学校に通ったことがなかったケイディは初めての学校生活に緊張気味に登校する。

なかなかみんなに馴染めず、浮いているケイディに話しかけたのはロック好き女子のジャニス(田村芽実)とゲイボーイのダミアン(内藤大希)というはみ出しものの2人組。2人から校内の派閥について教えられ、特に気をつけるべきは「プラスティックス(Plastics)」というレジーナ・ジョージ(石田ニコル)、カレン(松田るか)、グレッチェン(松原凜子)の校内アイドル3人組であると告げられる。

そんなある時、ひょんなことからプラスティックスのトップで学園の女王様・レジーナに仲間にいれてあげてもいいと言われるケイディ。戸惑いながらもジャニスに報告をすると、仲間になったふりをしてレジーナの弱みを握ってきてほしいとケイディに言う。2人には過去の因縁があったのだ。

一方、ケイディは得意な数学の授業で知り合ったアーロン(小野塚勇人)に一目惚れをする。それを知ったレジーナに、アーロンとの仲を取りもつと言われ、プラスティックスに入ることを決めるケイディだが、次第にグループに染まっていき…



■ブロードウェイミュージカル『MEAN GIRLS』
【東京】2023年1月30日(月)~2月12日(日) 東京建物Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)
【福岡】2023年2月17日(金)~2月19日(日) キャナルシティ劇場
【大阪】2023年2月23日(木祝)~2月27日(月) 森ノ宮ピロティホール

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)