相葉雅紀たちの視線の先にあるものは?『“それ”がいる森』おびえる親子の場面写真解禁

映画・舞台 公開日:2022/09/29 6
この記事を
クリップ

不可解な怪奇現象が多発するという実在の森を舞台に、実際に数々の“それ”を見たという目撃情報をベースに描かれる、新時代のホラーエンターテインメント『“それ”がいる森』が9月30日(金)に全国公開となる。このたび、相葉雅紀演じる田中淳一と、上原剣心演じる淳一の息子・一也を写した場面写真が解禁された。


【関連】相葉雅紀、櫻井翔とホテル2人部屋での恐怖体験告白



本作は、主演・相葉雅紀演じる田舎で農家を営む・田中淳一が、元妻・爽子(江口のりこ)が東京で暮らしていた息子・一也(上原剣心)と暮らすことになり、森の中で得体の知れない“それ”を目撃したところから、松本穂香演じる一也の担任・絵里(松本穂香)とともに怪奇現象に巻き込まれていく、未知の恐怖を描いた物語。


監督を務めるのは、ジャパニーズ・ホラーの代名詞であり、ハリウッドでリメイクもされた不朽の名作『リング』、2000年代興行収入NO.1ヒットホラー映画『事故物件 恐い間取り』など、数々のヒット作を生み出してきたジャパニーズ・ホラー界の名匠・中田秀夫監督。日本中を未知の恐怖へ誘う、新時代のホラーエンターテインメント作品がここに誕生する。


この度、相葉雅紀演じる田中淳一と、上原剣心演じる淳一の息子・一也を写した場面写真が解禁された。解禁となった写真には、不可解な失踪事件が続く森で、まさに“それ”を目の前にし恐れ慄く表情の親子の姿が捉えられている。危険な森へ足を踏み入れ、2人が目にしたものとは──。


本作で初共演となった相葉雅紀と上原剣心。数百人の中からオーディションで一也役に抜擢され、それまで芝居経験がほとんどなく現場で緊張気味だった上原に、相葉は優しく声をかけたり、クランクイン前の上原の演技リハーサルにも参加し、淳一と一也という親子の絆を深めていった。


とある事情により淳一の家にやってきたことで、得体の知れない“それ”を目撃してしまう一也。“それ”と遭遇した彼らに一体どんな恐怖が待ち受けているのか、2人がたどり着く結末をぜひ劇場でご確認いただきたい。新時代のホラーエンターテインメイト『“それ”がいる森』は、いよいよ今週9月30日(金)全国公開。


【ストーリー】
田舎町でひとり農家を営む田中淳一(相葉雅紀)は、元妻・爽子(江口のりこ)と東京で暮らす小学生の息子の一也(上原剣心)が、突然ひとりで訪ねて来たのをきっかけに、しばらく一緒に暮らすことになる。ちょうどその頃から、近くの森では不可解な怪奇現象が立て続けに発生し、淳一が住む町でも、住民の不審死や失踪事件が相次いでいた──。そんな矢先、淳一と一也も偶然得体の知れない“それ”を目撃してしまう。
「“それ”の正体とはいったい――!?」
淳一は一也の担任教師の絵里(松本穂香)とともに、怪奇現象に巻き込まれていくが、それは未知なる恐怖の始まりにすぎなかった──。



■『“それ”がいる森』
2022年9月30日(金)全国ロードショー

(C)2022「“それ”がいる森」製作委員会


※本記事は掲載時点の情報です。