板垣李光人『なのに、千輝くんが甘すぎる。』出演決定 なにわ男子・高橋恭平のライバルに

映画・舞台 公開日:2022/09/28 2
この記事を
クリップ

講談社「月刊デザート」にて連載中、1巻発売直後に異例のスピードで重版がかかり、既刊7巻で210万部を突破した、亜南くじらによる超人気コミック『なのに、千輝くんが甘すぎる。』の待望の実写映画化が決定し、松竹配給にて、2023年3月3日(金)より全国公開となる。このたい第2弾キャストが解禁され、千輝くんのライバル役として板垣李光人が出演することが明らかになった。



原作は、そのインパクトあるタイトルと、次から次へと登場する女子憧れの胸キュンシチュエーションが話題となり、全国のティーン女子たちがドハマりする、憧れ度No.1“片想いごっこ”ラブストーリー。


【関連】なにわ男子 高橋恭平が“ギャップ男子”に『なのに、千輝くんが甘すぎる。』実写映画化決定


陸上部のエースで学校イチのイケメン・千輝彗(ちぎら・すい)役を、本作が映画初主演となるなにわ男子高橋恭平が務め、ヒロインの如月真綾(きさらぎ・まあや)を、20歳にして芸歴19年という経歴を持つ女優・畑芽育が演じることが先日発表となったが、このたび、第2弾キャスト発表として、真綾に密かに想いを寄せるクラスメートであり、千輝彗のライバルでもある手塚颯馬(てづか・そうま)役を、板垣李光人が演じることが解禁となった。


映画『約束のネバーランド』のノーマン役他、TVドラマ『カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~』、『インビジブル』、10月スタートの『Silent』などに出演、来年のNHK大河ドラマ『どうする家康』では井伊直政役を演じるなど、次々と様々な役柄に挑戦するほか、映画やテレビドラマなどに留まらず、ファッションやアートなどの分野でも活躍をみせる板垣。若年層を中心にトレンドセッター的な役割を担う、唯一無二の存在となった板垣だが、意外にも“きゅんきゅん映画”に出たかったのだという。撮影中は、主演の高橋と仲良く話す姿も多く見られ、チームワークの良さが映像にも表れると期待される。ライバルでありながらもどこかで千輝を見守るような一面もある手塚という役を、劇中で板垣がどう演じるのか、注目だ。千輝と真綾、そして手塚が加わり、どのように恋の模様が描かれるのか―――?6週連続キャスト解禁(予定)次なる第3弾キャスト解禁からも目が離せない。


<板垣李光人コメント>
お話をいただいた時、ただ甘酸っぱさで終わってしまう作品にはしたくないと思いました。手塚という役は千輝とライバルでありつつ、千輝と真綾の恋の起爆剤になる人物でもあり友情も描かれているので、単純に対立するだけではない少し複雑な存在です。その点は監督とじっくり話し合いながら丁寧に一つ一つのシーンを創り上げていきました。しかし"きゅん"の部分など不安な点も多くあったのですが、恭平くんが持つ人を惹きつける力と包容力のおかげで同世代のキャストととにかく楽しみながら、青春しながら作品を描けたと思います。そんなキャストのチームワークの良さはきっと劇中からも感じていただけると思いますので、ぜひ楽しんでいただけたら嬉しいです。


<STORY>
人生初の告白に見事に玉砕した高校2年生の失恋女子・真綾(畑芽育)。落ち込んでいるところを、陸上部のエースで学校一のイケメン男子・千輝くん(高橋恭平)に見られてしまう。モテモテなのに周囲には塩対応な千輝くんが、なぜか真綾に提案したのは、なんと“片想いごっこ”!「好きな人、無理に探すくらいなら、俺に片想いすれば?」―――。
片想いごっこの条件は、絶対に好きにならないことと、まわりにバレないこと。好きになってはいけない約束なのに、優しくて自分にだけ甘すぎる千輝くんとの秘密の関係に、真綾の気持ちは次第に揺れ動いていく…。そんな中、真綾に密かに想いを寄せるクラスメートの手塚(板垣李光人)に、ヒミツだった“片想いごっこ”を知られてしまい…。千輝、真綾、そして手塚の、恋の行方は――?



■『なのに、千輝くんが甘すぎる。』
2023年3月3日(金)全国公開
【企画・配給】:松竹

©2023「なのに、千輝くんが甘すぎる。」製作委員会 ©亜南くじら/講談社

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)