香取慎吾が顔面蒼白、過激な「旦那デスノート」紹介されるシーン解禁

映画・舞台 公開日:2022/09/27 6
この記事を
クリップ

香取慎吾が『凪待ち』以来3年ぶりに主演を務め、岸井ゆきのがヒロインとして共演する映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』が全国公開中。このたび、本作の鍵ともなっている「旦那デスノート」について紹介されるシーンの本編映像が解禁となった。




本作は、井之脇海的場浩司眞島秀和きたろう浅田美代子余貴美子ら個性豊かな実力派キャストが脇を固め、市井昌秀が監督・オリジナル脚本を手掛ける。


解禁となった本編映像は「ふたりはさー知ってるこれ?」と余貴美子演じる蓑山さんの一言とともに“旦那デスノート”というサイトを見せられる裕次郎(香取慎吾)と若槻広人(井之脇海)の姿から始まる。


そのサイトには世の妻達から寄せられた溜まりに溜まった旦那への不満が書き込まれており、蓑山さん自身も本名で投稿をしてるという。そんな“旦那デスノート”のヘビーユーザーの蓑山さんはおすすめの投稿者として、とある妻の投稿を2人に見せ始める。


寝相が悪い夫の腕を枕のように抑えつけても殺人級のいびきで眠れない。寝れずに早朝から部屋の掃除をすると「うるさくて起きちゃったよ」とようやく起きてくるやいなや、食卓を見て「あれ?ご飯まだ?」という夫。「私はあなたの飯炊きマシーンではありません」と綴られた投稿を見て、「いるいる!こうゆうやついる!」とダメ夫の行いを笑う裕次郎。


「なぜ私がすべての家事を担当しなければいけないのでしょうか?私だって働いているのに」と続く匿名の“妻”の愚痴・・・挙句の果てに「昼はキーマカレーがいいな」と言い出す旦那。「これはブランチでしょ」と意見をしても『これは朝食。昼ごはんは別。“いい意味で”』という旦那に対して、「承知いたしました。ご注文のキーマカレーに冷凍マウスのミンチを入れて差し上げます」と痛快だけど怖~いコメントで締めくくられた投稿。


「最高でしょ?」と笑う蓑山さんを横目に、この投稿に書かれた旦那の行動があまりに自分と一致していることに気づき、裕次郎の顔から血の気が引いていく…。


他人事として笑っていた“旦那デスノート”に自分のことが書かれていると気づいてしまった裕次郎は、果たしてどんな行動に出るのか!?裕次郎と日和の”笑えない二人の笑えるガチゲンカ”の今後の展開とは!?



■『犬も食わねどチャーリーは笑う』
全国公開中
配給:キノフィルムズ/木下グループ
©2022 “犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)