『七人の秘書 THE MOVIE』主題歌はmiletに決定「華やかで中毒性のあるサウンド」

映画・舞台 公開日:2022/09/15 3
この記事を
クリップ

miletの新曲『Final Call』が10月7日(金)に全国公開される『七人の秘書 THE MOVIE』の主題歌に起用される事が決定した。



miletは2020年6月にリリースした1stフルアルバム『eyes』はBillboard JAPAN “HOT ALBUMS”で2週連続で1位を獲得、その後も8週連続でTOP10入りを果たすなどロングセールスを記録。ゴールドディスクにも認定された。2021年8月に東京2020オリンピック閉会式に歌唱出演、2021年末には2年連続となる『NHK紅白歌合戦』に出場、2022年2月に発売された2ndフルアルバム『visions』も4週連続オリコン週間デジタルアルバムランキングTOP10入りする等、破竹の勢いで活躍中のシンガーソングライター。


そんなmiletの新曲『Final Call』が『七人の秘書 THE MOVIE』の主題歌として起用される事が決定。表の顔は、名も無き「秘書」。裏の顔は、最強で最高の「仕返し屋(エージェント)」。誰もが考えつかなかった「現代版・必殺仕事人」とも言える唯一無二の世界観と、美女たちが悪いヤツらを片っ端から成敗していくという痛快な設定が話題を呼び、2020年に放送された数多くのテレビドラマの中でも、回を追うごとに視聴率が上がり圧倒的な支持を集めた脚本家・中園ミホが仕掛ける人気ドラマ『七人の秘書』。この度、映画化となり10月7日(金)より公開が決定。ドラマの主題歌も担当し、ドラマ本編への出演も果たしたmiletが新曲『Final Call』で映画を彩る。今作の『Final Call』に込めた想いとしてmiletは以下のように語っている。


<milet 楽曲コメント>

「Final Call」は打たれても屈しない杭のような、頑固で逞しい曲にしたいと思い書きました。「エンドロールこそが本当のスタート」という、どんな終わり方をしても今が始まりだと思わせてくれる心強い「Final Call」のメッセージを華やかで中毒性のあるサウンドで彩りました。どんな時も頼りになる相棒のような「Final Call」、ぜひ聴いてください。


また9/14に実施された『七人の秘書 THE MOVIE』完成披露試写会で、映画出演者3名も以下の様に感想をコメントしていた。


木村文乃 コメント>

miletさん、しっかり受け取りました!とても嬉しいです。覚えてついつい歌っちゃうと思います!


菜々緒 コメント>

初めてmiletさんにお会いした時は、とても可愛くて・・・この人が、こんなにダイナミックで力強い歌声を出すのかとビックリしたのを覚えています。今回も主題歌を歌ってくださって、すごく嬉しいです!


広瀬アリス コメント>

女性のカッコよさ・力強さをすごく引き立たせてくれる曲になっていて嬉しいです!!じっくりと聞き込みたいと思います!


そして、この『Final Call』が映画公開に先駆け10/3(月)にDigital Singleとしてリリースする事も決定。『七人の秘書 THE MOVIE』とともにmiletの新曲『Final Call』にも注目したい。


▼完成披露試写会 


■『七人の秘書 THE MOVIE』

2022年10月7日(金)全国公開

配給:東宝

©2022「七人の秘書 THE MOVIE」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)