二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』東京国際映画祭オープニング作品に決定

映画・舞台 公開日:2022/09/12 4
この記事を
クリップ

10月24日(月)~11月2日(水)開催、第35回東京国際映画祭のオープニング作品とクロージング作品が決定した。



東京国際映画祭としてはコロナ禍においても「映画館で映画を観る喜び」を伝えるべく映画館でのフィジカルな上映を基本姿勢としており、まさにその喜びを体験できる2作品。


オープニング作品は、二宮和也主演のシベリアの強制収容所(ラーゲリ)に抑留された実在の日本人捕虜・山本幡男を題材にした愛の実話『ラーゲリより愛を込めて』。第2次世界大戦後、極寒のシベリアで強制労働を強いられ過酷な日々を過ごす中、日本にいる妻と約束した帰国(ダモイ)を誰よりも強く信じ、多くの捕虜たちを励まし続け、その心に希望の火を灯した感動作がワールドプレミアとして映画祭の開幕を熱く盛り上げる。


クロージング作品は、『生きる LIVING』。


黒澤明の名作『生きる』(1952年)がノーベル賞作家のカズオ・イシグロの脚本によって現代に蘇る。これまでサンダンス、ベネチア、サンセバスチアン、トロントといった世界の錚々たる映画祭で上映され、早くも今年のオスカー候補と言われている作品が、映画の生まれた地、日本の映画祭の終幕を飾る。


<市山尚三プログラミング・ディレクター コメント>

『ラーゲリより愛を込めて』通常の日本映画のスケール感を越えた作りとそれに見合う深い感動の物語が本当に素晴らしく、ワールドプレミアとしてオープニングを飾って頂けることを非常に嬉しく思います。

『生きる LIVING』日本が誇る黒澤明の名作がイギリスで格調高くリメイクされ、原作の持つ感動が鮮やかに蘇りました。本作が映画の生まれた地の映画祭の終幕を飾って頂けることを誇りに思います。


【オープニング作品『ラーゲリより愛を込めて』】

運命に翻弄され再会を願い続けた2人――11年に及ぶ“愛の実話”
第2次世界大戦後の1945年。シベリアの強制収容所(ラーゲリに抑留された日本人捕虜たちは、零下40度にもなる過酷な環境の中、わずかな食糧のみで重い労働を強いられ、命を落とす者が続出していた。そんな中、山本幡男(二宮和也)は生きる希望を捨てず、帰国(ダモイ)を信じて周囲の人々を励まし続ける。仲間思いの行動と力強い信念は、多くの捕虜たちの心に希望の火を灯していく。そして自身も日本にいる妻・モジミ(北川景子)と子どもたちと過ごす日々を強く信じていたが、山本の体は病魔に侵されていた…。彼を慕うラーゲリの仲間たちは、山本の想いを叶えようと思いもよらぬ行動に出る。そしてモジミに訪れる奇跡とは――

監督:瀬々敬久
出演:二宮和也、北川景子、松坂桃李中島健人寺尾聰桐谷健太安田顕 ほか
配給:東宝
2022年12月9日 公開/日本
©2022映画「 ラーゲリより 愛 を込めて 」 製作委員会
©1989清水香子


【クロージング作品『生きる LIVING』】

黒澤明の不朽の 名作『生きる』が新たに生まれ変わる
黒澤明の名作『生きる』(1952年)が第二次世界大戦後のイギリスを舞台に蘇る。小説『わたしを離さないで』などで知られるノーベル賞作家カズオ・イシグロが脚本を手掛け、監督は2011年に『Beauty』(原題)でカンヌ国際映画祭のクィア・パルムを受賞したオリヴァー・ハーマナス。『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなどに出演しているビル・ナイが主演を務め、今年のオスカー候補の1本と言われている。

監督:オリヴァー・ハーマナス
脚本:カズオ・イシグロ
出演:ビル・ナイ、エイミー・ルー・ウッド、アレックス・シャープ、トム・バーク
配給:東宝
2023年 春 公開/イギリス
©Number 9 Films Living Limited

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)