HiHi Jets&美 少年『少年たち』チームワーク抜群もおやじ狩り、楽屋荒らしの被害報告

映画・舞台 公開日:2022/09/12 15
この記事を
クリップ

1969 年の初演以来、上演を重ねる度に進化を遂げ、今ではジャニーズ事務所“若手の登竜門”的存在ともされている舞台『少年たち』シリーズ。


今年も、新橋演舞場にて『少年たち あの空を見上げて』(9月11日~10月13日)が上演される。



初日となる9月11日の上演前には報道陣向けにゲネプロが公開され、初日前会見では出席者の「HiHi Jets髙橋優斗井上瑞稀橋本涼猪狩蒼弥作間龍斗)」、「美 少年岩﨑大昇佐藤龍我那須雄登浮所飛貴藤井直樹金指一世)」、内博貴らが和気あいあいと楽屋話や稽古風景を語り会場を盛り上げた。


とある少年刑務所の「青」と「赤」2つの房に収監されている少年たちが、「自由は、塀の外にある」という思いのもと、脱獄を決意するというストーリーの『少年たち あの空を見上げて』。


冒頭から髙橋をリーダーとする「青」、岩﨑をリーダーとする「赤」、2つに分かれた少年たちの激しいバトルシーンが矢継ぎ早に展開されるという迫力満点のステージ。


やがて少年たちのフラストレーションと看守たちへの反抗心は歌やダンスとなり、その爆発を思わせるパフォーマンスで見るものを惹き込む。


ミュージカルのように魅せる場面があれば、アクロバティックな“ガチ”バスケパフォーマンス、さらにはコミカルなシャワーシーンまで!?



二年目の挑戦となる「HiHi Jets」と「美 少年」の面々は、物語への理解度を深めた確かな成長を感じさせ、より繊細な演技とパフォーマンスで観客を魅了。


また、今年新たに取り入れられたバスケットボールパフォーマンスは、練習時間が限られた中でのガチ挑戦。


さらに、ACT2 SHOW TIMEでは「HiHi Jets」の『Drop Music』、「美 少年」の『Compass』とそれぞれの新曲パフォーマンスもあり、昨年の『少年たち』を楽しんだという方にも、より一層今年の『少年たち』が楽しめる仕掛けとパワーアップ箇所が満載となっている。


ゲネプロ後、初日前会見の壇上に再び現れた「HiHi Jets」、「美 少年」、内博貴の面々。


冒頭の挨拶より、内が「ジャニーズJr.の内博貴です」と切り出すと、「HiHi Jets」、「美 少年」のメンバー全員から「違いますっ!」と総ツッコミを受けるという賑やかな滑り出し。


今年の新たなチャレンジとして注目の「バスケットボールパフォーマンス」に関して質問が飛ぶと、岩﨑は「練習時間が本当に2日しかなかったんです。それであそこまで持って行けたのは良かったと思っています」とコメント。


猪狩も「1日目とかヤバかったよね」と続き、ゲネプロでのバスケットボールパフォーマンスのラストを見事に飾った作間は、「今日は気持ちいいですよ~」と自信をのぞかせた。


劇中では恐怖の看守長役を務める内は「覇王色をまとい、覇気をまき散らしながら出ていくようにしました」と役作りに対して語るも…、楽屋では「HiHi Jetsと美 少年にタカラレてるんです。半分おやじ狩りですよ!」とまさかの被害報告。


なんと、この流れを作ったのは作間。

滝沢秀明社長と内にスマホ画面を見せながら…、「これ食べたいんですけど」と初日におねだりをしただけでなく、食後には再びスマホを見せつつ、「デザートも欲しいんですけど」と連続おねだりという荒業を披露。


これに内は「このおねだりのおかげで初日から打ち解けることができました。だけど毎週水曜日におごらされ、次は美 少年が“中華が食べたい”といっているので…、誰かお金ください!」と会場を爆笑で包んだ。


トークでもチームワーク抜群な面々。

ところが困ったことも!?

なんと、浮所が「楽屋にある人が邪魔をしに来るんです」と緊急暴露。

その犯人とは…、髙橋優斗。


髙橋が楽屋にフラリと現れては出演ドラマの内容を教えるよう迫ったり、藤井のゲームを取り上げてプレイしたりと荒らしに来るのだとか。


美 少年メンバーから「大人しく楽屋にいなさいよ!」とツッコミが入ると、井上が「あ、それ、うるさくてウチの楽屋を追い出した後ですね」と語り会場はまたも爆笑に包まれた。


終始和気あいあいと楽し気な出演者たちが、迫真の演技と熱いパフォーマンス魅せる、『少年たち あの空を見上げて』。新橋演舞場にて9月11日~10月13日まで上演。





※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)