岡田准一&坂口健太郎の過激で強烈なアクションシーン満載『ヘルドッグス』特別映像解禁

映画・舞台 公開日:2022/09/09 2
この記事を
クリップ

9月16日(金)に公開となる岡田准一主演の映画『ヘルドッグス』より、特別映像【地獄のアクションセレクション】が解禁された。


【関連】岡田准一×坂口健太郎『ヘルドッグス』主人公の任務や過去にスポット当てた特別映像が解禁



本作は主演・岡田准一、監督・脚本・原田眞人が『関ヶ原』、『燃えよ剣』に続き3作品目のタッグを組み、監督と俳優という関係を超えた信頼感で作品に魂を注入し作り上げた、究極のノンストップ・クライム・エンターテイメント。


岡田が演じるのは、腕っぷし一つでヤクザ組織に潜入しのし上がる元警官・兼高昭吾(かねたか・しょうご)。兼高は警官時代に愛する人が殺される事件を止められなかったというトラウマを抱え、正義も感情も捨て復讐することにのみに生きる“闇に墜ちた男”、その狂犬っぷりに目をつけた警察組織から、関東最大のヤクザ組織「東鞘会(とうしょうかい)」への潜入という危険なミッションを強要される。


そんな兼高とバディを組む室岡秀喜(むろおか・ひでき)を演じたのは坂口健太郎。室岡は死刑囚の息子という境遇ゆえに心の奥底に深い闇を抱え、組織内でも誰も手が付けられない制御不能な存在だ。2人は警察のデータ分析によると、なんと相性<98%>。警察は兼高へ室岡に喧嘩を売り、それをきっかけに東鞘会・神津組(こうづぐみ)へ潜入するよう指示を出す。もちろん二人の相性は抜群で、2人はお互いの心の隙間を埋めるように、なくてはならない存在になり、最強の“狂犬コンビ”として猛スピードで組織を上り詰めていく。


そんな彼らを取り巻くキャラクターも一筋縄ではいかない奴ら。松岡茉優が演じるのは、兼高と室岡が所属する東鞘会・神津組のボスの愛人でありながら兼高とも関係を持つ刺激大好きなグリーンヘアの美女・吉佐恵美裏(きさ・えみり)、北村一輝は東鞘会最高幹部である「東鞘会三羽烏」の一人で、兼高&室岡のボスとなる漢気100%の人情組長の土岐勉(とき・つとむ)、大竹しのぶは、東鞘会へ恨みを抱えマッサージ師として組織内部にも入り込む、潜入捜査員の連絡係・衣笠典子(きぬがさ・のりこ)を熱演。そして、ヤクザ社会では異例の人事で東鞘会会長の座に就任したインテリヤクザで、最強の黒幕“十朱義孝(とあけ・よしたか)”を、MIYAVIが演じている。


今回解禁となったのは、本作に登場する過激で強烈なアクションシーンをギュギュッと詰め込んだ地獄のアクション詰め合わせ映像。


劇中、岡田准一演じる兼高や坂口健太郎演じる室岡らが、敵をバッタバッタとなぎ倒す珠玉のアクションシーンが息つく暇もなく詰め込まれており、素手で相手を圧倒する基本の格闘術【ステゴロ】、使える物はなんでも使う作法無用の戦闘スタイル【工具&文具】、これは絶対外せない、お待ちかねの【ナイフ&ガンアクション】と、それぞれの格闘術にあわせたアクション映像が映し出されていく。その中で、相性98%の狂犬バディである兼高と室岡が、2人で訓練に励む仲睦まじい様子も切り取られた。


今回岡田は、主演でありながら技闘デザイン(アクション振り付け)指導としても本作に参加しており、映画で描かれるアクションの数々を原田監督にプレゼンしたそう。岡田は、「原田監督はお芝居の延長線上でのアクションを強く求める監督。お芝居とアクションの境目なくキャラクターが立つような構成を考案することがテーマになります。本物の動きのなかに映像的なギミックを入れたり、キャラクターの個性やそのキャラクターの行動の狙いにあった動きを考えて提案しています」と明かしており、カッコいいだけではないリアルなアクションにこだわっている。


1/2ページ