横浜流星、竹内涼真と相思相愛ぶりを見せつける「裏表なく熱い人が大好き」

映画・舞台 公開日:2022/09/08 10
この記事を
クリップ

俳優の竹内涼真横浜流星が8日、都内で行われた映画「アキラとあきら」大ヒット御礼舞台挨拶に、メガホンをとった三木孝浩監督とともに登壇した。


本作は、『半沢直樹』『下町ロケット』など数々のベストセラーを生み出してきた作家・池井戸潤氏による小説が原作。対照的な宿命を背負った2人の若者が、情熱と信念を武器に社会に立ち向かう感動巨編となる。幼くして過酷な運命に翻弄されてきた山崎瑛(アキラ)を竹内、大企業の御曹司ながら次期社長の椅子を拒絶し血縁のしがらみに抗い続ける階堂彬(あきら)を横浜が演じた。





SNSの反響がスクリーンに投影され、“泣けた”や“活力が湧いてくる”などとの文字を目にした竹内は「この言葉をもらうためにやっていたかと言われるとそうじゃないんですけど、僕らとしてはちょっと予想外な反応というか、『泣ける作品です』って番宣のときに僕ら言ってないだろうし、でも可能性のある広がり方をしているのは、僕ら作り手としては嬉しいなと思いますね」と喜び、横浜は「僕らは見てくださる方がいないといけなくて、見てくださる方々がこういった熱い言葉をくれるというのは、そのために頑張っているわけではないですけど報われているなと感じますね。嬉しいです」と感慨深げに語った。


加えて、周囲からの反響を尋ねられると、「家族からあまり感想とかもらえなくなってきた」と嘆いた竹内は、現在出演している『六本木クラス』の監督から反響があったことを明かし「お互い求め合って1つの社会人として乗り越える過程にすごく感動したって、めちゃくちゃテンション上がって現場に来てました(笑)。めちゃくちゃ嬉しかったです」と声を弾ませ、横浜は「親と同級生が見てくれたんですけど、『よかった』だけでした。その『よかった』にすべてが込められているのかな」と笑顔を見せた。


また、同時期に特撮ヒーローものをやっていた2人だが、共演は本作が初だったそうで、共演しての感想を求められると、竹内は「同時期にヒーローをやっていて、でもなぜか交わらずに、東映撮影所でもなぜか話さずにきて、でもお互いのことを知っていたので、もう1人のあきらが横浜流星くんだと聞いて“今、一緒にやれるんだ”と思って嬉しかったです」と吐露し、「(横浜とは)考えているポイントだったりタイミングとか、絶妙な部分でマッチする部分があって、熱くて真面目なんですよね。僕は熱くて真面目な男が好きです」とラブコール。


同じ質問に、横浜は「今やれてよかったです。特撮が終わって数年後だったらこんなに距離が縮まっていないと思いますし、お互い尖っているものが取れて丸くなり、あのとき戦っていた2人がまたここで戦えるというのは感慨深いですね」としみじみと語り、「僕も裏表なく熱い人が大好きで、そういう人と仕事ができるというのは幸せなことなので、撮影はすごく楽しかったです」と相思相愛ぶりを見せた。


さらに、SNSや観客から募集した質問に、登壇者の3人が答える一幕もあり、宿命がキーワードになっている本作にちなみ、自身も宿命はあると信じるか質問されると、竹内と横浜は「わかりません!」と即答。三木監督が「宿命はわからないけど巡り合わせはあると思う。このタイミングでこの2人でできて、運命ってあるんだなと感慨深かった」と語ると、竹内は「確かに。タイミングはあるかもしれないです」と納得し、「宿命という言葉だけで括ってしまうと難しいんですけど、この仕事をやりますって考えるときのタイミングとかは自分の中であるかもしれないです。こういう形で自分のところに回ってきたんだったら、それは宿命だったのかなって感じながら『やります』と言うときはあります」と打ち明けた。


続けて、決断に迷ったときに“よりどころ”にしていることを聞かれると、横浜は「仕事だったら事務所に行ってマネージャーに聞きます」とコメントして会場の笑いを誘い、竹内も「マネージャーとの話し合いだよね。1番大事なんですよ。二人三脚なので」と賛同。続けて、横浜は「決断に迷ったら“どちらが心躍るのか”ですかね。でも基本、迷うことはないですね。自分が信じたほうが正しいと思っているので」と力強く語り、竹内は「自分の居場所をどこに置いたら幸せにつながるかということを考えるかな」といい、「大体、僕が追い詰められているときは、高校時代のサッカ―の監督にめちゃくちゃ怒られるという夢を見ます。そういうときは“ああ、悩んでるんだな”って思いますね」と打ち明けた。


最後に、竹内が観客からスタイルがいい理由を問われると、横浜も「それは俺も思ってた」と興味を示し、竹内は「すごい質問が来たな…」と困惑しつつ、「僕のお父さんの身長が182cmで、お母さんは160cmないくらいなので、だいぶお父さんの遺伝子が強めだったのかなと思います」と感謝しつつ、「ただ、太らないように日々の食事に気を使ったり、トレーニングもしていますし、そんな簡単にこれを維持しているわけではありません。僕だって頑張っています」と言葉に力を込めた。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 18件)