広瀬すず×櫻井翔『ネメシス』映画化、道路を封鎖しての撮影や汗まみれのアクションも

映画・舞台 公開日:2022/09/08 3
この記事を
クリップ

広瀬すず櫻井翔W主演、江口洋介共演による大人気ドラマシリーズが映画化。『映画ネメシス 黄金螺旋の謎』2023年3月31日(金)全国公開決定。2021年4月期の日本テレビ系連続ドラマ「ネメシス」は、天才的なひらめきで事件の真相を見破っていく探偵助手のアンナ(広瀬すず)と、ポンコツだが人望に厚い自称天才探偵の風真(櫻井翔)が、探偵事務所「ネメシス」に集まる様々な依頼に挑む物語。新時代の探偵物語として、視聴者数1,700万人突破(ビデオリサーチ調べ、全国総合到達人数(推計・30局・放送分数55分))、幅広い年代に大好評を博し、今回、ドラマの最終話から2年後の世界をドラマでは描くことができなかったスケール感で、ついに映画化が決定。




監督は『SRサイタマノラッパー』『22年目の告白―私が殺人犯です―』など数々のヒット作を手掛け、当ドラマシリーズの総監督も務めた入江悠。そして映画化にあたって新たに脚本家として起用されたのは『アンフェア』シリーズの原作者・秦建日子。サスペンス映画のヒットメーカーである入江が、謎解きミステリーの名手として知られる秦と組んで、今回の映画に仕掛けた超難解な映像トリックの数々に、キャスト一同も驚愕!?


映画での再会を喜ぶ広瀬、櫻井、江口の3人だが一方で、広瀬「どんな作品になるか私にもわかりません」櫻井「これをどうやって映像化するのだろう」とコメント。合わせて解禁するティザービジュアルは、サブタイトルの“黄金螺旋の謎”に因み黄金一色にあしらわれインパクト大!“謎を解くたび、誰かが死ぬ”という不穏なコピーは一体何を意味するのか?笑顔のアンナの横で、鋭利なハサミを持つ風真の不穏な表情も気にせずにはいられない。


また、広瀬、櫻井、江口によるスペシャルコメント映像も、ワーナー ブラザース公式YouTubeチャンネルにて公開。映像内では、映画の脚本を読んだ時点では映像化のイメージができなかったと声を揃える三人だが、ドラマ撮影時を振り返りながら、映画の完成に期待を寄せている。息の合った三人の様子は必見だ。2022年5月~6月にかけて撮影は終了し、現在絶賛編集中の本作。果たしてどんな大事件が待ち受けているのか?!ドラマからスケールアップした超ミステリーエンターテイメントに期待が高まる。


1/2ページ