藤ヶ谷太輔、主演舞台は「20%くらいの色気で」漏れ過ぎる色気に共演者からツッコミも

映画・舞台 公開日:2022/09/03 12
この記事を
クリップ

ヘンリック・イプセンの珠玉の名作が、演出・上村聡史、主演・Kis-My-Ft2藤ヶ谷太輔のタッグにより舞台、「野鴨-Vildanden-」として上演される。東京公演の初日となる9月3日には世田谷パブリックシアターにて、『舞台「野鴨-Vildanden-」プレスコール及び取材会』が開催され、藤ヶ谷太輔、忍成修吾前田亜季浅野和之ら登壇者は稽古中の裏話や公演への意気込みを語った。





公演内容を一部抜粋したプレスコールで張り詰めた繊細な世界観を色気タップリに演じ切った藤ヶ谷太輔、忍成修吾、前田亜季、浅野和之の4人は、そのままの衣装で記者団の前に現れた。


藤ヶ谷が「この劇場もそうですし、イプセンの作品も、上村聡史さんの演出も初めて。自分の中で“挑戦”です。このご時世に挑戦出来る環境がありがたいと感じています。野鴨は約140年前の作品ですが、現代に通ずる普遍的な部分多いので、しっかり見て頂ければ。そして、しっかり見て頂くために我々もしっかり繊細にお届けしたい」と意気込みを力強く語り会見はスタート。


このように力強く語りだしたはずの藤ヶ谷だったが…、「実は…、昨日は不安でセリフを飛ばす夢をみました…」と不安を吐露!?続けて、「ミュージカルの初日も同じようにセリフを飛ばす夢を見たんです!うろたえるというより、“どうしよう…”と立ちすくんでしまって周りのキャストの方々の助けを待つという。これが正夢になった際には…、みなさんよろしくお願いします!」とコメントし笑いに繋げた。



藤ヶ谷の印象を問われた忍成修吾が、「稽古を見てるだけで、とても美しいんです。勘の鋭い方だし、舞台に立つとオーラと色気が凄くて」と語りだすと、前田亜季が「上村さんからダメ出しあったよね!少し色気が漏れ過ぎてるって!」と稽古裏話で沸かせる。


これを受けた藤ヶ谷は「色気色気という作品じゃないので(笑)。普段の色気が高いので…、少し落とした20%くらいの色気でお届けしようかと」とコメントすると、すかさず浅野和之から「調子にのるな!」とツッコみが入り爆笑が広がった。


また、突然の訃報となった古谷一行氏に対するコメントが求められた際には、「『ミラー・ツインズ』でお世話になりまして、貫禄もあるし怖い方なのかなと思っていたら、凄くチャーミングで優しくて。僕が“お寿司が好きです”と言うと、お寿司屋さんに連れて行ってくださって。“また絶対に行こうな”って言って下さっていたんですが…。またいつかお寿司を食べながら色んなお話が出来れば。今はただ…、ゆっくり休んでください」と言葉を贈った。


緻密に細部まで繊細に、そして張り詰めた空気感と色気を感じさせるKis-My-Ft2藤ヶ谷太輔主演の舞台「野鴨-Vildanden-」。東京公演は2022年9月3日(土)から、9月18日(日)まで。




※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)