相葉雅紀、恐怖で意識が飛んだ過去告白「本当に怖すぎて…」

映画・舞台 公開日:2022/08/31 8
この記事を
クリップ

相葉雅紀が31日、都内にて開催された映画『“それ”がいる森』完成報告イベントに、松本穂香上原剣心(Go!Go!kids/ジャニーズJr.)、眞島秀和中田秀夫監督と共に出席した。



本作は、不可解な怪奇現象が多発するという実在の森を舞台に、実際に数々の“それ”を見たという目撃情報をベースに描かれる、新時代のホラーエンターテインメント。主演の相葉演じる田舎で農家を営む・田中淳一が、元妻・爽子(江口のりこ)が東京で暮らしていた息子・一也(上原)と暮らすことになり、森の中で得体の知れない“それ”を目撃したところから、松本演じる一也の担任・絵里と共に怪奇現象に巻き込まれていく、未知の恐怖を描く。


相葉は同作を「いわゆる“Jホラー”ともまた違って、でもしっかりドキドキハラハラさせてくれて。怖い部分ももちろんなんですけど、それと別に家族の物語もあったりして、すごく見ごたえのある作品」と表現。


また、上原演じる一也の父親を演じたことで「完成した作品を見させてもらったら(上原と)『ちょっと似てきたな』っていう感じがした」と打ち明けた。


現場では、撮影期間中に上原が誕生日を迎えたそう。相葉からプレゼントを貰ったという上原は「リュックの絵が入っているリュックをもらいました」と口にしたが、直後に「あ、虎の絵が入っているリュック!」と訂正。相葉は「そうだよね、びっくりした。リュックの絵が描いてあるリュックはなかなか特殊だから。虎の絵だよね」と笑っていた。


眞島は、過去に別作品で共演した相葉・松本との再会にも「『懐かしいね』なんて話をしようかな、なんて思って現場に行ったんですけれども、そうやすやすと話しかけちゃいけないような雰囲気だった」と振り返る。


相葉は「そんなに話しかけづらい雰囲気出てました?僕ら」と動揺。眞島は「そういうシーンの撮影だったこともあるし、『久しぶり!』なんて言っちゃいけないような雰囲気かなと思って、空気を探りながら」と語り、一方の相葉は再共演の眞島に「“頼れる兄貴”な感じがして、本当に引っ張っていただいています」と感謝した。


「今までで一番怖かった経験」をキャスト陣が語る場面では、相葉が「嵐の最初の頃、あまりお仕事がなく、心霊現場に検証に行くみたいな仕事ばかりやっていた」と回顧。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 30件)