横浜流星、芝居への情熱を語る「これがなくなったら自分じゃない」

映画・舞台 公開日:2022/08/26 38
この記事を
クリップ

俳優の竹内涼真横浜流星がダブル主演を務める映画『アキラとあきら』の初日舞台挨拶が26日、都内にて開催。竹内、横浜、髙橋海人King & Prince)、児嶋一哉ユースケ・サンタマリア江口洋介三木孝浩監督が出席した。



本作は、『半沢直樹』『下町ロケット』など数々のベストセラーを生み出してきた作家・池井戸潤氏による小説が原作。対照的な宿命を背負った2人の若者が、情熱と信念を武器に社会に立ち向かう感動巨編となる。幼くして過酷な運命に翻弄されてきた山崎瑛<アキラ>を竹内、大企業の御曹司ながら次期社長の椅子を拒絶し血縁のしがらみに抗い続ける階堂彬<あきら>を横浜が演じた。


撮影現場の様子を聞かれた横浜は「階堂チームは張り詰めたシーンが多かったんですけど、それとは裏腹にユースケさんのマシンガントークのお陰で現場がすごく和やかになっていました」と告白。


ユースケは「良かったでしょ?違う人の意見だと『迷惑だ』ってのもあったけど、俺は雰囲気を取ったの。だからあえてあそこでしゃべって、しゃべったことによって自分のセリフを間違えるっていうミスが何十回かあった」と打ち明けた。


すると児嶋が「すごく真面目なシーンでずーっとふざけてんだよ」と現場でのユースケの姿を暴露。横浜が「そこは逆に(役として)むかついてたんで、『作品のためにやってくださったんだろうな』と」と応じると、ユースケは「でしょ?あそこは心を鬼にして、作品のために」とうなずく。児嶋が「『なにふざけてんだよ』ってむかつきも芝居に乗せたんだ」と納得していると、ユースケは「むかついてたの!?」と時間差で驚いていた。


また作品にちなんだ「融資をしたいほど、情熱を注いでいること」という話題に、タイトルである『アキラとあきら』に掛けて回答する場面で、横浜は「流星と芝居」と表現。



横浜は「皆さんそうだと思うんですけど、情熱を注ぐものが僕は他になくて。これしかないので、これがなくなったら自分じゃないので、まだまだっていうのがわかっているからこそ、もっともっと情熱を注ぎたいなっていうので芝居にしました」と真摯に答えていた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 47件)