前田公輝&塩野瑛久 数々の観客をハイロー沼へ突き落した2人の最新場面写真到着

映画・舞台 公開日:2022/08/26 3
この記事を
クリップ

2022年9月9日(金)に全国の劇場で公開される映画『HiGH&LOW THE WORST X』。このたび、前作で数々の観客をハイロー沼へ突き落した、鬼邪高全日・轟洋介(前田公輝)と鳳仙学園・小田島有剣(塩野瑛久)の最新場面写真が到着した。




シリーズ累計観客動員556万人・興行収入78億円突破、男たちの友情と熱き闘いを様々なメディアで描く『HiGH&LOW』シリーズと、累計8000万部突破・不良漫画の金字塔『クローズ』『WORST』(原作・高橋ヒロシ)の、2大最強コンテンツ・クロスオーバー映画『HiGH&LOW THE WORST』の続編『HiGH&LOW THE WORST X』(読み:「X」=クロス)が2022年9月9日(金)に全国の劇場で公開される。

【関連】最新作『HiGH&LOW THE WORST X』公開前に、前作の熱き闘いをおさらい


川村壱馬THE RAMPAGE)演じる花岡楓士雄(はなおかふじお)が頭をはる、SWORD地区最強と名高い鬼邪(おや)高校の前に、エンジ色の学ランを着た”血の門”と呼ばれる瀬ノ門(せのもん)工業高校が史上最大の敵として立ちはだかる。鬼邪高を潰すため、金をちらつかせSWORD地区の鎌坂(かまさか)高校と江罵羅(えばら)商業高校を傘下に加え、三校連合を結成した瀬ノ門が鬼邪高に急襲をしかけることで、戦いの火蓋が切られる。さらに、かつて鬼邪高と激突した鳳仙(ほうせん)学園や、前作でもその存在が噂されていた、戸亜留(とある)市内で”カラスの学校”と恐れられる鈴蘭(すずらん)男子高校も動き出し、かつてないスケールで贈る、シリーズ史上最大の頂上決戦が繰り広げられる。


今回解禁となったのは、魅力的なキャラクターばかりの『HiGH&LOW』シリーズの中でも、特に異彩を放つ人気キャラクターである轟と小田島の場面写真だ。前田公輝演じる轟洋介は、シリーズを通して登場している鬼邪高・全日制の事実上の実力No.1。かつて鬼邪高・定時制の頭であった村山良樹(山田裕貴)に挑み続ける、村山からも一目置かれる存在だ。前作『HiGH&LOW THE WORST』では圧倒的な実力を持ちながらも人望を得られずにいた轟が、村山とのバトルや楓士雄(川村壱馬)との出会いによって人間的に成長し、仲間を手に入れていく姿が描かれた。


一方、塩野瑛久演じる小田島有剣は、“殺し屋軍団”鳳仙学園の四天王の1人で、鳳仙の頭である上田佐智雄(志尊淳)の相談役的存在だ。前作で初登場した小田島だったが、金髪のハーフアップにカラーサングラス、肩からずり落ちたカーディガンという抜群のビジュアルと、クールな策士かと思いきや「およよ」といったゆるいセリフも飛び出す独特のキャラクター造形が多くの観客の目に留まり、大人気に。


前作のクライマックスの一つである河川敷での鬼邪高vs鳳仙の大乱闘では、轟vs小田島のバトルが爆発的な話題を呼び、多くの観客を轟、小田島、そしてハイローの沼へと突き落とした。


解禁された最新作の場面写真には、倒した敵たちの真ん中で趣味の釣り道具を傍らににらみを利かす轟や、鳳仙の本部である道場でたたずむ小田島の姿が。本作では二人に意外な共通点があることが発覚するようで…?轟と小田島の活躍から目が離せない。


シリーズ史上最多&最強の高校による、大切なモノを守るため、拳×魂×運命が激突(クロス)する今年”最熱“のクロスバトルアクション超大作。『HiGH&LOW THE WORST X』は9月9日より全国公開。キャラクター、アクション、音楽、友情、全てが前作からパワーアップした最新作の今後の展開に期待が膨らむ。



■『HiGH&LOW THE WORST X (クロス)』
2022年9月9日(金)全国公開
【出演】
《鬼邪高校》川村壱馬、吉野北人、佐藤流司、神尾楓珠、福山康平、龍、鈴木昂秀、うえきやサトシ、中島健/森崎ウィン/前田公輝
《瀬ノ門工業高校》中本悠太(NCT)、三山凌輝(RYOKI)、永沼伊久也、比嘉涼樹
《鎌坂高校》藤原樹、岡宏明
《江罵羅商業高校》長谷川慎、陣、今村謙斗
《鳳仙学園》塩野瑛久、葵揚、小柳心、荒井敦史、堀夏喜、坂口涼太郎
《鈴蘭男子高校》三上ヘンリー大智 板垣瑞生 時任勇気 八木勇征 木村慧人 高橋祐理
【企画プロデュース】EXILE HIRO
【総監督】二宮"NINO"大輔
【監督】平沼紀久
【アクション監督】鈴村正樹
【原案・キャラクター設定】高橋ヒロシ
【脚本】増本庄一郎 渡辺啓 平沼紀久
【音楽】中野雄太
【企画制作】HI-AX
【配給】松竹

©2022「HiGH&LOW THE WORST X」製作委員会 ©高橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX


※高橋ヒロシの「高」の字の正式表記は「はしごだか」

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)