三山凌輝(BE:FIRST)、LDHとの出会いに感謝 ライブ共演「本当にうれしかった」

映画・舞台 公開日:2022/08/26 20
この記事を
クリップ

9月9日に劇場公開する映画『HiGH&LOW THE WORST X』の完成披露試写会&PREMIUM LIVE SHOWが25日、神奈川・横浜アリーナにて開催。



THE RAMPAGE from EXILE TRIBE(以下、THE RAMPAGE)、MA55IVE THE RAMPAGEBALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE(以下、BALLISTIK BOYZ)、PSYCHIC FEVER from EXILE TRIBE(以下、PSYCHIC FEVER)、DEEP SQUADが出演。映画キャストとしては、川村壱馬吉野北人鈴木昂秀中本悠太NCT 127YUTA)、三山凌輝BE:FIRSTRYOKI)、永沼伊久也比嘉涼樹藤原樹岡宏明長谷川慎今村謙斗塩野瑛久小柳心荒井敦史堀夏喜坂口涼太郎三上ヘンリー大智板垣瑞生八木勇征木村慧人高橋祐理が登壇した。

本作は『HiGH&LOW』シリーズと漫画『クローズ』『WORST』(原作・髙橋ヒロシ)の2大最強コンテンツ・クロスオーバー映画『HiGH&LOW THE WORST』の続編。ライブは24日の夜、25日の昼と夜と2日に渡って3公演開催され、最後の公演のMCで川村は「本当に2日間、多くのキャストの皆さんにもアーティストの皆さんも来てくれて、そして何より(観客の)皆さんとこの空間を作ることができて本当に幸せに思っております」と喜びを噛み締めた。


コメントを求められた三山は「走り抜けて3公演、残り17公演となりましたけど...」と口にすると、吉野が「違う違う、ツアーじゃないのよ」とすかさずツッコミ。三山は「違うのこれ?」ととぼけて笑わせた。


三山は「(ツアーを)やりたい。それくらい本当に素敵な時間を共有させていただきましたし、なによりも『HiGH&LOW THE WORST X』という作品があるからこそだと思います」としみじみ。「コロナ禍でもあったりするし動きづらい状況でもあったけど、ここまでなんとか作品が無事に出来上がって、それを皆さんにお届けすることができて、そして今日、劇中歌だったり挿入歌を披露できるライブも開催できて、ありがたい」と歓喜した。


また「いろんなことが制限された中で、エンターテインメントができるっていうのは本当に改めてすごくうれしいこと。当たり前と思っちゃいけないなと感謝の気持ちを改めて知ることができました」とした上で、「これは『HiGH&LOW』に出会えたからだし、LDHの皆さんに出会えたからだし。本当に皆さん優しくて、裏でも。怖い顔をされている方は何名かいらっしゃるかもしれないんですけど(笑)」と冗談を交えると「陣さん見て言ったでしょ」と指摘されて笑う。モニターに映し出された陣も楽しそうに笑っていた。


三山は「気付けば『HiGH&LOW』に出演していない方もすごく仲良くしている」「THE RAMPAGEのメンバー皆さんとプライベートとかでもすごく仲良くさせてもらってる」とも告白。「それが今日、ライブとかで皆さんと盛り上がる形で出来たことは本当にうれしかったし、皆さんと共有できたことが何よりもうれしかったです」と笑顔を見せた。


中本は「今回、この(映画出演の)お話いただいた時に二つ返事で『やらせてください』と言ったんですけど、正直、右も左もわからない中ですごく不安だったんです」と吐露。「けどこんなに素敵な仲間と素敵な作品を一緒に作ることができてすごくうれしく思っています」と語った。


続けて今作を「僕は16歳で韓国に渡って、約10年間くらい韓国にいたんですけど、本当に久しぶりにこういう作品でこういった仲間と一緒に同じ時間を共有できて、僕にとっては青春そのものの作品でした」と表現。「そんな素敵な仲間とこの作品を一緒に出来たことをすごく誇りに思いますし、完成披露試写会は終わるんですけど、9月9日からロードショーなので、皆さんぜひたくさん足を運んでくれたらうれしいなと思います」とメッセージを送った。

▼関連記事【取材レポ】


▼インタビュー記事

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 48件)