相葉雅紀主演『“それ”がいる森』 眞島秀和 野間口徹ら個性豊かなキャストに注目

映画・舞台 公開日:2022/08/24 9
この記事を
クリップ

不可解な怪奇現象が多発するという実在の森を舞台に、 実際に数々の“それ”を見たという目撃情報をベースに描かれる、新時代のホラーエンターテインメント『“それ”がいる森』が9月30日(金)に全国公開となる。



本作は、 主演・相葉雅紀演じる田舎で農家を営む・田中淳一が、元妻・爽子(江口のりこ)が東京で暮らしていた息子・一也(上原剣心)と暮らすことになり、森の中で得体の知れない“それ”を目撃したところから、松本穂香演じる一也の担任・絵里(松本穂香)とともに怪奇現象に巻き込まれていく、未知の恐怖を描いた物語。


監督を務めるのは、ジャパニーズ・ホラーの代名詞であり、ハリウッドでリメイクもされた不朽の名作『リング』、2000年代興行収入NO.1ヒットホラー映画『事故物件 恐い間取り』など、数々のヒット作を生み出してきたジャパニーズ・ホラー界の名匠・中田秀夫監督。日本中を未知の恐怖へ誘う、新時代のホラーエンターテインメント作品がここに誕生。


本作では、ホラー映画初挑戦となる相葉雅紀の緊張感ある演技もさることながら、脇を固める個性豊かなキャスト陣にも注目が集まる!そんなキャスト陣の場面写真と共に、役どころに付いても紹介する。


田舎町で多発する不可解な事件の捜査を担当する警部・綾波武史役には、映画、TVドラマ、舞台、CMなどで幅広く活躍し、男女ともに支持のある人気バイプレイヤー、眞島秀和。一也の通う小学校の教頭・湯川大輔役には、舞台で積み上げた演技力で今年もドラマや映画の出演が絶えない野間口徹


さらに、淳一の農業仲間の長尾良平役を宇野祥平が、淳一たちの暮らす町の町長・岩村義男役を酒向芳が、町の駐在員の中村良一役を松浦祐也が演じるなど、日本映画界を代表する名脇役バイプレイヤーたちが一挙に集合。


さらにはバラエティー番組を中心に活躍しリアクション芸にも定評のあるお笑い芸人・パンサー尾形貴弘も登場し、映画を盛り上げる。同じ強盗犯役を務める中村里帆との掛け合いにも注目だ。それぞれ、不可解な事件をきっかけに“未知の恐怖”に翻弄されていく…。ジャパニーズ・ホラー界の名匠・中田秀夫が描く、新時代のホラーエンターテイメント作品『“それ”がいる森』で、それぞれのキャラクターがどのように存在感を放っているのか期待が高まる。



■『“それ”がいる森』

2022年9月30日(金) 全国ロードショー

(C)2022「“それ”がいる森」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 7件)