阿部サダヲ 上戸彩 玉森裕太出演 映画『シャイロックの子供たち』超豪華キャスト&特報解禁

映画・舞台 公開日:2022/08/22 9
この記事を
クリップ

映画『シャイロックの子供たち』が主演に阿部サダヲを迎え、2023年2月17日(金)全国公開されることが決定した。主演の阿部サダヲはじめ、本作のキャスト9名、ティザービジュアル、特報が解禁となった。



累計発行部数50万部を突破した池井戸潤による小説『シャイロックの子供たち』(文春文庫)。池井戸が「ぼくの小説の書き方を決定づけた記念碑的な一冊」と明言し、原点にして最高峰とも言える原作が、満を持して映画化。今年の秋にはドラマ化することでも話題となっているが、今回の映画は小説ともドラマとも展開が異なり、独自のキャラクターが登場する完全オリジナルストーリー。池井戸潤が太鼓判を押した脚本である映画版『シャイロックの子供たち』に、2018年に大ヒットを記録した『空飛ぶタイヤ」』の本木克英監督はじめメインスタッフが再集結した。


【関連】井ノ原快彦『シャイロックの子供たち』オールアップ迎え撮影振り返る 30秒の特報映像も解禁


阿部サダヲが演じるのは、東京第一銀行・長原支店のベテランお客様係・西木雅博(にしき・まさひろ)。同じ支店で働く上戸彩演じる北川愛理(きたがわ・あいり)、玉森裕太演じる田端洋司(たばた・ようじ)とともに、銀行内で起こった現金紛失事件の裏側を探っていく内に、あるとてつもない事実にたどり着いていく。


また同じ長原支店支店長・九条馨(くじょう・かおる)に柳葉敏郎、長原支店のパワハラ副支店長・古川一夫(ふるかわ・かずお)に杉本哲太、支店のエース・滝野真(たきの・まこと)に佐藤隆太。滝野に近づく不動産会社社長・石本浩一(いしもと・こういち)に橋爪功、そして映画オリジナルで長原支店の客・沢崎肇(さわざき・はじめ)に柄本明、更に事件をきっかけに長原支店に調査に訪れる東京第一銀行本部検査部・黒田道春(くろだ・みちはる)に佐々木蔵之介と、日本を代表する超豪華キャスト陣が勢ぞろいした。


阿部は池井戸作品、本木組、銀行員役ともに初挑戦となり、出演にあたり「気が付かないところで起きている、お金の怖さと面白さ、身近な人を信じていいのか疑っていいのか?堪能してみたかった池井戸潤さんの世界!」とコメント。原作者の池井戸は映画化にあたり、「映像化が難しいこのミステリをどう解きほぐし、真実を明かすのか。ぜひ劇場に足を運んでいただき、驚倒の顛末を見届けてください。」とコメントしている。


このたび解禁となった特報は、阿部をはじめとした豪華キャスト陣の面々と共に、メガバンクで起こる現金紛失事件をきっかけに、次第に明らかになっていく衝撃の展開を期待させる映像となっている。さらに映像終盤では阿部演じる西木の表情が一瞬変わり、札束を掴むその表情はまるでもう一人の西木が存在するかのような様子…。さらにティザービジュアルは、この作品の根幹にあるテーマである「人間の表裏」をイメージしたもので、表には銀行員然とした阿部が演じる西木、裏には大金を手にニヤリと怪しげな表情を浮かべた西木が描かれている。果たしてこのビジュアルが意味するものとは何なのか。「金か、魂かー。」という、全ての働く人たちへ訴えかけるようなキャッチコピーといい、非常に内容が気になるものとなっている。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)