杉野遥亮、やってみたいバイトは「ボールボーイ」理由ぶっちゃけ会場に笑い

映画・舞台 公開日:2022/08/20 19
この記事を
クリップ

映画『バイオレンスアクション』の公開舞台あいさつが20日、都内の劇場で行われ、主演の橋本環奈をはじめ、杉野遥亮鈴鹿央士馬場ふみか森崎ウィン大東駿介太田夢莉城田優高橋克典岡村隆史、メガホンをとった瑠東東一郎監督が出席した。




『バイオレンスアクション』は、『やわらかスピリッツ』(小学館)で連載中のマンガが原作。“ピンクボブ”がトレードマークの菊野ケイ(橋本)が、専門学校に通いながら指名ナンバーワンの殺し屋として活躍する姿を描く。


封切りとなり橋本は「昨日から公開されて嬉しい。もっと広がっていけたら」とにっこり。頭脳明晰なヤクザの金庫番・テラノを演じた杉野は「撮影したのが1年半前。だから撮影の途中まで『いつ公開するんだ』って何回もマネージャーさんに問うくらいだった。やっと迎えられてうれしく思う。多くの方に見てもらって劇場に足を運んでもらえたら」と公開を喜んだ。


撮影の雰囲気を聞かれると、橋本は「アットホーム。みんな口数が多いタイプの人じゃないけど、ずっと一緒に現場にいて人生ゲームとかしていた」と告白。和気あいあいの様子だったが、馬場は「楽しかったけど、何の話をしたのか覚えていない(笑)。そのくらい世間話をゆるーくしていた」と明かすと、橋本も同意していた。


ヤクザチームの撮影について、杉野は「シーンってしていることが多かった」と素直な感想。また「城田さんと会ったとき大きいなって。なかなか自分より大きい人と会わないので…」といい、「初めて会う先輩たちも多くてピリピリしていた。撮影のとき怖いなって思っていたけど、今思えば役とリンクしていた部分があったのかな。だからいい空気感だった」と振り返った。



ストーリーにかけ「やってみたいアルバイト」についてトークすることに。主演の橋本は「クレープ屋」で、「バイトしたことないのですが飲食店で働いてみたい。小さいときにフードコートにあるクレープ屋さんで生地を焼いているところを見るのがすごい好きだった。生地を永遠に焼いていたい」と回答。クレープ屋やラーメン屋か迷ったことも明かし「ラーメン屋さんはまかないが食べられるから(笑)」と照れながら語った。


また杉野は「ボールボーイ」と発表。理由を聞かれると「やりたいバイトなくて。そしたらスタッフさんが『ボールボーイは?』と提案してくれた。あれは確かに楽しそうだなと思って。選手にも近いし、特等席でボールが飛んで来なければ座っているだけなので」とぶっちゃけて会場を笑わせた。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 39件)