ももクロ百田夏菜子「同じ道を歩いてきている」メンバーとの繋がりに喜び

映画・舞台 公開日:2022/08/19 5
この記事を
クリップ

ドキュメンタリー映画『ももいろクローバーZ ~アイドルの向こう側~〈特別上映版〉』の初日舞台あいさつが19日、都内にて開催。ももいろクローバーZ百田夏菜子玉井詩織佐々木彩夏高城れにと酒井祐輔監督が登壇した。



同作は、これまでもアイドルの常識を覆し続け、日本の芸能界で前人未到の境地を切り拓こうとしているももクロの“いま”に迫り、人生観や将来などについて赤裸々に語ったロングインタビューや本広克行監督、ももクロのチーフマネージャー・川上アキラ氏など関係者たちへのインタビューを通じて、等身大の4人の姿や本音が詰まったドキュメンタリー映画。

ドキュメンタリーの撮影が決まった時の心境を聞かれた高城は「私たちの日常って本当に薄っぺらいんですよ」とぶっちゃけ。「身のある会話とかも普段しないですし、キャーキャー言っているだけだったりもするので、私たちに密着して放送できるようなひとつの作品になるのかなっていう不安がすごくありました」と打ち明けた。


玉井も「ドキュメンタリー映画って数々のアーティストさんがやられてきていると思うんですけど、本当にレジェンドの方だったり、本当にすごい方々がやられているので、まさか自分たちの映画が全国で公開ということになると夢にも思っていませんでした」と吐露。続けて「若干、嘘だろうと思っていました」と笑った。


百田も、普段のグループが和気あいあいとしている様子を伝えた上で「ドキュメンタリー映画っていったら現場が一瞬ピリついて...とか、私リーダーなんですけど、みんなを集めてライブ終わった後に反省会を...とか」とドキュメンタリーのイメージを告白。佐々木は「(それをしたら)やらせじゃん。普段やらないんだから」と笑いを誘った。


撮影を終えての感想を百田は「『大丈夫かな』って思ったんですけど、出来上がった作品は日頃の私たちをそのまま映していただいていて」とコメント。加えて「たぶん深みの部分に関しては、急に『みんな集まってください』ってスタッフさんが言ってくださって、私たちだけで座談会を、っていう、そういう機会を用意してくださったんですよ。だからそこでメンバーみんなといろんな話(をできた)」と語った。


佐々木は「普段からそんなにキャラを作ってというか、そういう風にやっていないので、モノノフ(ももいろクローバーZのファン)の皆さんは私たちのことよくわかってくれちゃっているから、これ以上みんなの知らない面というか新しい面が見せられるかって不安だった」という。「でも今回、結婚とかそういうテーマについてみんなで話している部分だったりとかは、今の私たちならではですし、ずーっとももクロのこと応援してきたよって言ってくださっている方でも新鮮に見ていただけるんじゃないかなと思います」と口にした。

今回のドキュメンタリー映画が作られたきっかけは、酒井監督が“モノノフ”であることも要因のひとつだったようで、百田は「取材とかでも聞かれたことのないような質問が多かった」と作品内のインタビューを振り返る。個々に答えたというインタビューの内容について、他メンバーの答えを見た百田は「バラバラな部分ももちろんあるけど、同じ風に思って同じ道を歩いてきているんだというのが改めてすごくうれしくなったし、その違いっていうのもまた楽しくて」と喜びを実感していた。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 43件)