福山雅治×柴咲コウ 9年ぶり再始動、KOH+のバランスと“バディ感”はどう生み出されたのか

映画・舞台 公開日:2022/08/18 8
この記事を
クリップ

2022年8月20日発売の雑誌『SWITCH』では9月16日公開の映画『沈黙のパレード』をフィーチャー。主演・福山雅治を筆頭に、柴咲コウ北村一輝、西谷弘監督、東野圭吾が、実写版『ガリレオ』シリーズ誕生から現在に至るまで、その制作秘話を語り尽くす。


【関連】福山雅治×柴咲コウ KOH+が9年ぶり再始動『沈黙のパレード』主題歌決定&予告解禁



<主演・福山雅治×原作・東野圭吾の特別対談収録。主演俳優兼音楽・主題歌担当と原作者の2人が「ガリレオ」に影響を及ぼし合う、愉快な「共犯関係」とは?>
作家・東野圭吾がシリーズ初作『探偵ガリレオ』を発表したのは1998年。2007年に福山雅治主演で映像作品となり、以降15年にわたって共に歩んできた。アウトプットのかたちは違えども、「ガリレオ」シリーズの発展に絶えず影響を及ぼし合った2人の出会いから、新作『沈黙のパレード』に至るまでの創作論を語り合う貴重な対話をここに。


<福山雅治×柴咲コウによるユニット「KOH+」が9年ぶりのタッグの胸中を語る。>
湯川学役の福山雅治、そして内海薫役の柴咲コウ。「共演」の域を超えて主題歌を担当するユニット「KOH+」が『沈黙のパレード』で9年ぶりに再始動する。2人の表現者の絶妙なバランスと“バディ感”はどのようにして生み出されていったのか。


<福山雅治1万字ロングインタビューに加え、柴咲コウ、北村一輝、西谷弘監督がそれぞれの視点から語る実写版「ガリレオ」シリーズの魅力。>
俳優・福山雅治がこれまで演じてきたキャラクターを頭に思い浮かべる時、そのほとんどの人は天才物理学者・湯川学の姿を最初にイメージするだろう。俳優福山史上最もキャッチーで、独特で、そして特別な存在、湯川学。そしてそれを生み出した『ガリレオ』シリーズについて真摯に語る1万字ロングインタビューを敢行。さまざまな化学実験器具を湯川学さながらに操り、SWITCHでは初となる「眼鏡」を着用した福山雅治の姿を捉えた、ここでしか見られない撮り下ろしフォトストーリーにも注目だ。


湯川学のバディ的存在の刑事・内海薫を演じる柴咲コウが9年ぶりに『ガリレオ』シリーズに参加する思いを語る。また、本作のキーパーソンの一人、刑事・草薙俊平を演じる北村一輝が語る『ガリレオ』シリーズの稀有な撮影現場とは。さらに15年にわたりシリーズの演出/監督を務める西谷弘がシリーズ開始から最新作『沈黙のパレード』まで、どのような思いで作品と向き合い続けたのかを語る。



■『SWITCH』Vol.40 No.9(2022年9月号)
特集 INSIDE/OUTSIDE of THE MOVIE
2022年8月20日発売/900円+税


※本記事は掲載時点の情報です。