岡田准一、坂口健太郎の演技とアクションを絶賛「バランスがすごく良い」

映画・舞台 公開日:2022/08/17 10
この記事を
クリップ

主演・岡田准一、監督・脚本・原田眞人が『関ヶ原』、『燃えよ剣』に続き3作品目のタッグを組み、監督と俳優という関係を超えた信頼感で作品に魂を注入し作り上げた、究極のノンストップ・クライム・エンターテイメント『ヘルドッグス』が9月16日(金)に公開する。この度、本作の公開を約一ヶ月後に控え、“全員ヤバい”超豪華キャストが一同に会するジャパンプレミアが開催された。主演の岡田准一をはじめ、共演の坂口健太郎松岡茉優MIYAVI北村一輝大竹しのぶ、そして原田眞人監督が登壇し、至高のノンストップ・クライム・エンターテイメント『ヘルドッグス』の豪華すぎる幕開けを盛大に飾った。



会場に大きな白のリムジンハマーが乗り込むと、そこから出てきたのは本作の主演・岡田准一、さらに坂口健太郎が続き、松岡茉優、MIYAVI、北村一輝、大竹しのぶら豪華6名のキャストが一気に登場。原田監督も現れ、日本映画界を代表するヤバすぎる奴ら勢揃い。全員がスタイリッシュなスーツと美しい漆黒のドレスを身にまとい、颯爽とレッドカーペットを突き進む様子は、まるで映画の中から『ヘルドッグス』のキャラクターたちが乗り込んできたかのうような圧巻のド迫力。


会場の空気を一気に映画の世界へと引き込む豪華絢爛なレッドカーペットイベントが行われた。今回、キャスト陣が乗ってきた白いハマーと言えば、映画本編で関東最大のヤクザ組織「東鞘会」のトップに君臨するMIYAVI演じる十朱の愛車。岡田演じる兼高や坂口演じる室岡がその愛車の側でMIYAVIの護衛に付くシーンが描かれている。


復讐のために闇に手を染め、狂犬と化し闇落ちした元警官・兼高を演じた岡田は「こうして映画の完成を伝えられて嬉しいです」と喜びを明かすと「挑戦的で挑発的な映画ができました。監督は狙っていると思いますが、好き嫌いは分かれると思います(笑)」と日本映画界に牙を向く本作の強烈な魅力について明かし、これまでにないダークな役柄となった兼高を演じたことについて「新しい役者人生の1ページになると思いながら撮影していました。全員の濃いキャラクターと役作りを見ながらの撮影は楽しかったです。」と撮影を振り返る。


そんな兼高と相性98%を誇るバディであり、自身のイメージを覆す制御不能なサイコボーイ・室岡を演じた坂口は「凄まじいモノができたと思いました。撮影は色んな感情が充満している怒涛の日々で、気づいたら終わっていたくらい(笑)強烈な爆発力が残っている映画になっていると思います」とぶっ飛んだ映画の世界観を撮影当時から体感していた様子。


さらに、クレバーで男勝りな生き様を貫く極道の女・恵美裏役を演じた松岡は「本当に1秒も休ませて貰えない映画なので、糖分を補給してから楽しんでほしいくらい。ジェットコースターのような映画に揺られてください。」と怒涛の展開をアピールすると、「東鞘会」の若きトップに君臨し、兼高や室岡たちと深く関わりを持つ十朱役のMIYAVIも「本当にノンストップのエンターテイメント作品になっています。世界に届けられるこんな作品に出演できて光栄でした」と原田組初参加の喜びを明かした。


北村は「暑いですね。映画が熱いからですよ。そして僕の顔より濃い映画ができました(笑)。」とコメントして場内を沸かせつつ、「土岐は一本筋が通っていて漢気のあるキャラクター。同性からみてもかっこいい役だと思っています。時々、坂口さんから現場の写真も送られてきたりして。」と撮影時の思い出を語り、兼高と室岡のボス、東鞘会最高幹部の土岐という役どころを楽しみながら演じたとか。松岡との共演も「すごく良かった」と振り返るも「初対面がビキニ姿で…」と自身がビキニ姿で松岡と初共演を果たした裏エピソードを語った。松岡も「女性でも躊躇するような結構な面積でしたよね」と濃厚なキャラクターが勢揃いする本作ならではの濃いエピソードを披露していた。


表の顔は凄腕マッサージ師、裏の顔は兼高と警察との情報伝達係という、重要な役どころを担った大竹しのぶは「台本を読んだ時から怖くて怖くて…映像になった作品は叫びながら観ていたのに、最後にはなぜか泣けてきて。もう何度でも楽しんで欲しい作品です」と抗えない吸引力を持つ映画の魅力をアピール。岡田との共演は数十年ぶりということで「昔も二の腕が細くなる運動とか教えてもらってたから変わってないなって。初めての原田監督の現場だったから、緊張する!と岡田くんに話していたんだけど…」と明かすと、すかさず岡田は「あれ、嘘ですよね?緊張とかされないでしょ?以前共演した時もそう言ってましたけど」と反論。それに対し大竹は「うん、あんましない(笑)」と即答し、大女優としての余裕とあわせてお茶目な一面を覗かせた。


ある意味“ヤバい奴ら”と言える彼らをまとめ、日本映画界に革命を起こす、これまでにないエンターテイメントを作り上げた原田監督は、原作小説の映画化について「映画を作っている中で、岡田さんやMIYAVIさんのイメージが浮かんでいたし、坂口さんも初めて会った時から室岡役としてイメージがついた。彼らの姿ありきで楽しく作業が進みました。」と映画の誕生秘話を明かしていた。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 3件)