なにわ男子 高橋恭平が“ギャップ男子”に『なのに、千輝くんが甘すぎる。』実写映画化決定

映画・舞台 公開日:2022/08/16 6
この記事を
クリップ

講談社「月刊デザート」にて連載中、1巻発売直後に異例のスピードで重版がかかり、既刊7巻で210万部を突破した、亜南くじらによる超人気コミック『なのに、千輝くんが甘すぎる。』の待望の実写映画化が決定し、松竹配給にて、2023年3月3日(金)より全国公開となる。




原作は、そのインパクトあるタイトルと、次から次へと登場する女子憧れの胸キュンシチュエーションが話題となり、全国のティーン女子たちがドハマりする、憧れ度No.1“片想いごっこ”ラブストーリー。


これまでティーン女子が好きな男子キャラクターと言えば、『花より男子』、『オオカミ少女と黒王子』、『黒崎くんの言いなりになんてならない』などで描かれる“クール系男子”が人気を集めたが、最近では、『ハニーレモンソーダ』の三浦界、『東京卍リベンジャーズ』のマイキー(佐野万次郎)のように、「実は〇〇〇」といった“ギャップ男子”が注目されている。そして2023年春、まさに“ギャップ男子”の代表とも言える千輝くんが、満を持してスクリーンに登場する。


陸上部のエースで学校イチのイケメン・千輝彗(ちぎら・すい)(※原作表記は千輝慧)を演じるのは、2021年に『初心LOVE』でCDデビューを果たし、今いちばん勢いのある人気アイドルグループ「なにわ男子」の高橋恭平。本作が映画初主演となる。周囲には無自覚な塩対応をするが、ヒロインにだけは甘すぎるモテ男子を、持ち前のスタイルの良さとビジュアルで、カリスマ性たっぷりに演じる。

【関連】なにわ男子 高橋恭平、学ラン姿に自信「自分で言うのもなんですが似合っています」


ヒロインの如月真綾(きさらぎ・まあや)役には、ドラマ『プロミス・シンデレラ』、『純愛ディソナンス』、『99.9-刑事専門弁護士-』などに出演し、20歳にして芸歴19年という経歴を持つ女優・畑芽育。人生初の告白でフラれ落ち込んでいた時に千輝くんに出会い、ヒミツの“片想いごっこ“を提案される女の子をキュートに演じる。


監督は、『四月は君の嘘』、『ひるなかの流星』、『午前0時、キスしに来てよ』などヒット作を次々と生み出し、ラブストーリーに定評のある新城毅彦。脚本には、ドラマ『好きな人がいること』、『ユニコーンに乗って』、『ラジエーションハウス』など数々の話題作を手掛ける大北はるか。新城監督とは、『午前0時、キスしに来てよ』に続く再タッグとなる。


周囲には塩対応だけど、自分だけにはなぜか甘くて優しい、ギャップ男子とのヒミツの“片想いごっこ”という今までにない甘酸っぱいドキドキなシチュエーションが、キュンとして、笑って、みんなで楽しめる作品となっている。


今ティーン女子がいちばん観たい「憧れキュンキュン度No.1」の最高の青春ラブストーリー。2023年の公開に期待が膨らむ。


1/2ページ