THE RAMPAGE RIKU初のソロ&作詞曲が『HiGH&LOW THE WORST X』劇中歌に決定

映画・舞台 公開日:2022/08/16 23
この記事を
クリップ

シリーズ累計観客動員556万人・興行収入78億円突破、男たちの友情と熱き闘いを様々なメディアで描く『HiGH&LOW』シリーズと、累計8000万部突破・不良漫画の金字塔『クローズ』『WORST』(原作・高橋ヒロシ)の、2大最強コンテンツ・クロスオーバー映画『HiGH&LOW THE WORST』の続編『HiGH&LOW THE WORST X』(読み:「X」=クロス)が2022年9月9日(金)に全国の劇場で公開される。このたび、THE RAMPAGEのボーカルであるRIKU初のソロ&作詞楽曲『Stand by you』が劇中歌に決定した。


【関連】映画『HiGH&LOW THE WORST X』Music Trailer解禁「上か下か。俺は上に立つ男だ」



前作では、『HiGH&LOW』シリーズの舞台・SWORD地区の「O」を担う“漆黒の凶悪高校”鬼邪(おや)高校と『クローズ』『WORST』の舞台・戸亜留(とある)市内で幹部以外スキンヘッドの“殺しの軍団”と恐れられる鳳仙(ほうせん)学園が激突し、まさに「最強×最強」の闘いが繰り広げられた。


最新作『HiGH&LOW THE WORST X』では、川村壱馬(THE RAMPAGE)演じる花岡楓士雄(はなおか ふじお)が頭をはる鬼邪高の前に、エンジ色の学ランを着た“血の門”と呼ばれる瀬ノ門(せのもん)工業高校が立ちはだかる。瀬ノ門を束ねる天下井公平(あまがい こうへい/三山凌輝BE:FIRSTRYOKI)、須嵜亮(すざき りょう/中本悠太NCT 127YUTA)らは、鬼邪高を潰すため鎌坂(かまさか)高校【通称・カマ高】、江罵羅(えばら)商業高校【通称・バラ商】と三校連合を結成。さらに、かつて鬼邪高と激突した鳳仙や、前作でもその存在が噂されていた、戸亜留(とある)市内で“カラスの学校”と恐れられる鈴蘭(すずらん)男子高校も動き出し、かつてないスケールで贈る、シリーズ史上最大の頂上決戦が、繰り広げられる。


これまでに、THE RAMPAGEが歌う主題歌『THE POWER』をはじめ、MA55IVE THE RAMPAGEの『RIDE OR DIE』、BALLISTIK BOYZの『We never die』、PSYCHIC FEVERの『WARRIORS』、DEEP SQUADの『Pouring rain』など豪華アーティストの楽曲が劇中歌として流れることが明らかになっている本作。


そしてこのたび、THE RAMPAGEのボーカルであるRIKUも本作の劇中歌を担当することが決定した。RIKU自らが歌詞を書き下ろした初のソロ楽曲『Stand by you』は、同じくTHE RAMPAGEのメンバーである川村壱馬演じる鬼邪高の頭・花岡楓士雄と、中本悠太が演じる瀬ノ門工業高校の須嵜亮との壮絶なタイマンシーンをドラマチックに魅せてくれる。


そんな本楽曲の一部が先行解禁。RIKUが初めて作詞に参加し、仲間を支える意志を力強くドラマチックに希望を込めて歌い上げるソロ楽曲。緊迫した雰囲気のストリングスが印象的な、クライマックスシーンを象徴したサウンドにRIKUのこれまでの経験や、仲間を思う気持ちを映画の世界観に重ね合わせて表現した劇中歌となっている。


1/2ページ