須賀健太 自身初となる演出、劇団「ハイキュー!!」旗揚げ公演が上演決定「今から楽しみ」

映画・舞台 公開日:2022/08/13 12
この記事を
クリップ

須賀健太演出、2023年にハイキュー!!が舞台に帰ってくる。8月13日(土)の『ハイキュー!!』×V.LEAGUE ALLSTAR SPECIAL MATCH “THE VOLLEYBALL”にて、2023年に劇団「ハイキュー!!」旗揚げ公演を行うことが解禁された。



原作は、集英社『週刊少年ジャンプ』にて2020年7月まで連載していた古舘春一による大人気バレーボール漫画『ハイキュー!!』。連載が終了した現在でも高い人気を誇り、バレーボール漫画=『ハイキュー!!』といっても過言ではない、スポーツ漫画を代表する作品となっている。


2015年11月にハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』として、初めて舞台化。実際のバレーボールの試合を観るように、烏野高校の試合を観戦する。まるで原作の試合会場に足を踏み入れたような、そんな新しい『ハイキュー!!』体験。これをモットーに熱い演技、最新映像テクノロジーを駆使した表現など、演劇として様々な挑戦を続け、2021年熱狂のうちに終幕を迎えた。


そして2023年新たなプロジェクトとして、劇団「ハイキュー!!」旗揚げ公演を上演することが決定。


『ハイキュー!!』に触れたことのない人、そして今も『ハイキュー!!』を愛する人に向け、この新しい劇団「ハイキュー!!」プロジェクトが立ち上がった。劇団「ハイキュー!!」を牽引するのは、ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』で日向翔陽を演じていた須賀健太。自身初となる演出を手掛け、新しい『ハイキュー!!』を生みだしていく。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)