阿部サダヲ 間宮祥太朗 吉田羊『ツダマンの世界』ノスタルジーに駆られるビジュアル解禁

映画・舞台 公開日:2022/08/12 28
この記事を
クリップ

2022年11月23日(水・祝)~12月18日(日)BunkamuraシアターコクーンにてCOCOON PRODUCTION 2022『ツダマンの世界』が上演される。このたび、阿部サダヲ間宮祥太朗吉田羊の、昭和へ時間が巻き戻ったかのようなノスタルジーに駆られるビジュアルが解禁。あわせて3人からのコメントも到着した。



作・演出を務めるのは、シアターコクーン芸術監督松尾スズキ。2年ぶりとなる期待の最新作『ツダマンの世界』では、日本の昭和初期から戦後を舞台に、主人公「ツダマン」を取り巻く人々の濃密な愛憎劇を描く。

【関連】小説家・阿部サダヲを弟子・間宮祥太朗が翻弄?松尾スズキ新作上演&豪華出演者決定


今回松尾は作・演出のみならず、劇中に登場するオリジナル楽曲の作曲を自ら手掛ける。これまでの公演でも作詞や作曲を行ってきたが、全編にわたる作曲を自らが手掛けるのは初の試み。また、すでに仮チラシで披露されている「ツダマン」のレトロチックなイラストに続き、松尾直筆の業火に佇むような登場人物たちが描き加えられたイラストビジュアルが公開。


物語の主人公・ツダマンこと、弟子に翻弄される小説家・津田万治を演じるのは、阿部サダヲ。自己愛と名声欲の強い弟子・長谷川葉蔵には間宮祥太朗。この物語の語り部となる女中・オシダホキには江口のりこ。葉蔵の世話係・強張一三には、村杉蝉之介。劇団員で歌手志望の津田の愛人・神林房枝には笠松はる。葉蔵と関係を持とうとする謎の文学少女・兼持栄恵には見上愛。ツダマンの友人の小説家・大名狂児には、皆川猿時。そして津田万治の妻・津田数には吉田羊。さらに町田水城井上尚青山祥子中井千聖八木光太郎橋本隆佑、河井克夫ら実力のある舞台俳優らが集結。松尾スズキが描く濃密な人間ドラマ『ツダマンの世界』に期待が膨らむ。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 3件)