木村拓哉&綾瀬はるか「愛すか、殺すか」最悪の出会いで結ばれた二人の“知られざる物語”

映画・舞台 公開日:2022/08/09 4
この記事を
クリップ

6月21日の記者会見にて発表された『THE LEGEND & BUTTERFLY』(レジェンド・アンド・バタフライ)は、誰もが知る織田信長と、謎に包まれたその正室・濃姫(別名:帰蝶)の知られざる夫婦の物語。主演の木村拓哉が織田信長を、綾瀬はるかが濃姫を演じ、脚本・古沢良太、監督・大友啓史という日本の映画界を牽引するスタッフが名を連ね、企画発表と同時に大きな話題を呼んだ。



政略結婚という最悪の出会いから始まった二人は、いかにして真の夫婦となり、共に天下統一へと向かって行ったのか?魔王と呼ばれながらも時に悩み苦しむ信長を<ひとりの人間>として描き、その側で支え続けた濃姫との知られざる物語を描いた、感動超大作の誕生に期待と注目が集まっている。


二人の生涯を今まで描かれることのなかった新たな目線で体現しようと脚本を手掛けたのは、『コンフィデンスマンJP』シリーズなどで知られ、23年のNHK大河ドラマ『どうする家康』の脚本も務める古沢良太。監督には『るろうに剣心』シリーズで世界を驚愕させ、アクションエンターテインメントの金字塔を打ち立てた大友啓史が立ち、他の日本映画とは一線を画すハリウッド級の映像スケールで、既存の作品を超越する圧倒的なエンターテインメントの世界を生み出す。


この度、木村拓哉演じる信長、綾瀬はるか演じる濃姫、2人の関係を象徴する場面写真が解禁となった。


信長と濃姫が互いに強く見つめ対峙するこの場面は、濃姫の父の領土・美濃で起きたとある事件の直後のシーン。夫である信長の喉元に懐刀をつきつける濃姫からは、身も震えるほどの殺気が感じられる。そして信長は、その濃姫の強い視線を受け止めながら対峙している…。政略結婚という最悪の出会いで結ばれた二人がこれから夫婦としてどのように生きていくのか、まさに「愛すか、殺すか」という関係が鮮明に映し出された場面写真だ。


時代劇初出演となったテレビドラマ『織田信長 天下を取ったバカ』以来25年ぶりに織田信長役を務める木村は、6月に行われた会見で、信長と濃姫の関係について「信長は今では想像もできないような感情にさいなまされながら、世の中に疑問を抱いて声を上げた人。きっと傍らにいてくれた濃姫の存在によって行動・決断したことや、彼しか抱くことのなかった特別な愛情があったのではないか」と語り、木村と3度目の共演で初の夫婦役を演じた綾瀬も「今まで観たことのない、信長と濃姫の“夫婦の物語”が描かれているなと感じました」と語った。


その二人の言葉通り、今回解禁された場面写真からも、夫婦ながら刀を突き付け対峙するほど水と油の関係であった信長と濃姫が、どのように絆を育み夫婦として生きていくのか、その“知られざる物語”に大きな期待が寄せられる。


東映70周年記念を冠し、日本映画史上最高峰のキャスト・スタッフが集結。日本の映画界を変える、日本映画の歴史にその名を刻む、全く新しいエンターテイメント作品として映画『THE LEGEND & BUTTERFLY』は誕生、2023年1月にその全貌が明らかになる。本作完成予定は今年秋、続報にも期待が高まる。


<STORY>

尾張の織田信長は、格好ばかりで「大うつけ」と呼ばれていた。この男の元に嫁いできたのは、「マムシの娘」と呼ばれる男勝りの美濃の濃姫だった。権威を振りかざし尊大な態度で濃姫を迎える信長と、臆さぬ物言いで信長に対抗する濃姫。敵対する隣国同士の政略結婚という最悪の出会いを果たした二人は、性格も真逆で、お互いを出し抜いて寝首をかこうと一触即発状態、まるで水と油のような関係だった。

そんなある時、強敵・今川義元の大軍が攻めて来る。圧倒的戦力差を前に絶望しかけた信長であったが、彼を奮い立たせたのは、濃姫の言葉であった。二人はともに戦術を練り、激論の末に奇跡的勝利を収める。真っ向から対立していた二人はこの日から次第に強い絆で結ばれ、やがて誰も成し遂げたことのない天下統一へと向かっていくのであった──。




■映画『THE LEGEND & BUTTERFLY』

2023年1月27日(金) 全国公開

出演:木村拓哉 綾瀬はるか

©2023「THE LEGEND & BUTTERFLY」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。