元AKB48横山由依、“リーダー同士”共演のSnow Man岩本照との共通点

映画・舞台 公開日:2022/08/10 20
この記事を
クリップ

AKB48で女優の横山由依が、レオナルド・ディカプリオ主演の映画をミュージカル化し、8月11日より上演される『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』に出演する。


彼女が演じるのは、Snow Man岩本照扮するフランク・ジュニアが恋に落ちる看護師の女性・ブレンダ。AKB48では総監督を務めた横山は、自身が演じるブレンダや、グループのリーダーという共通点を持つ岩本の“真面目さ”に共感したという。



芝居稽古が始まる直前の横山に、ミュージカル出演への思いやキャスト陣の印象を聞くと共に、AKB48在籍時の自分、卒業後の自分に起きた変化などを語ってもらった。

ミュージカル出演「いつかやりたいなと思っていた」

 

──まずは今作への出演が決まった際の心境を聞かせてください。


ミュージカルはいつかやりたいなと思っていました。この作品は物語もすごく面白いですし、ブロードウェイ版の音楽も素晴らしいなと思ったので、参加できてすごく嬉しいです。


──もともとミュージカルへは関心があったんですね。


実はあったんです。それで、別の作品のオーディションを受けたりもしていましたが、今回、念願叶って、この作品に出させてもらえることになりました。すごくやってみたかったことだったので、楽しみです。



──現在(7月上旬)、稽古はどんな段階なんですか。


今は歌稽古をやっていて、私はお芝居の稽古がまだなんです。他の方たちのお芝居の映像を見たりしているような段階で、本読みでは、皆さんに一度お会いしました。


──その時に感じたカンパニーの印象はいかがでしたか。


皆さんすごく優しい方々だったので、安心感がありました。お父さん役の阿部裕さんとお母さん役の生田智子さん、フランク役の岩本照さんも、すごく優しい方々です。皆さんと一緒に作品を作れるのが嬉しいです。

1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 28件)