SixTONES京本大我“超ナルシスト”な場面写真解禁 完璧なポージングで見つめる先には何が?

映画・舞台 公開日:2022/08/01 2
この記事を
クリップ

日本を代表する俳優・二宮和也を主演に迎えた新作映画『TANG タング』が2022年8月11日(木・祝)に公開される。このたび、本作で初めて単独での映画本格出演を果たす京本大我SixTONES)の、役作りの努力が詰まった「超ナルシスト」な場面写真が解禁となった。



映画『TANG タング』の主演は人気・実力ともに日本を代表する俳優、二宮和也。国民的アーティストグループ「嵐」の活動休止以降、初の主演映画となる本作で二宮は、妻に捨てられ、人生に迷うダメ男を演じる。二宮の今回の共演相手はまさかの、記憶を無くした迷子のへっぽこロボット。原作はベルリン国際映画祭で「映画化したい一冊」に選ばれた、イギリスのハートウォーミング小説『ロボット・イン・ザ・ガーデン』。日本国内でもシリーズ累計発行部数38万部を超えるベストセラーで、根強い人気を誇っている。


ゲーム三昧で妻に捨てられた、ダメ男・春日井健(かすがい けん)。わけあって無職で人生に迷子中。ある日、健の家の庭に突然現れたのは、記憶をなくした迷子のロボット。どこからきて、何のためにやってきたか分からないそのロボットは自分の事を“タング“と名乗った。タングを最新型ロボットと交換するために始まった旅は、いつしかタングを直す旅に。しかし、そこで明らかになるのは、タングが失った記憶に、世界を変える秘密が隠されているという事だった――。タングの記憶の為に大きな選択を迫られる健。ふたりの迷子が大冒険の先に見つけた、人生の宝物とは――。


このたび、京本大我(SixTONES)演じるナルシストなロボットデザイナー・林原信二の新場面写真が解禁となった。


主人公・健(二宮和也)が家の庭に突然現れたポンコツロボットのタングを最新型のロボットと交換してもらうために訪れた、アンドロイド製造の大手企業・アトビットシステムズ社の社員・林原信二を演じるのはSixTONESのメンバーとして活躍する京本大我。2020年のCDデビュー以前より舞台や映画、TVなどで活躍しており、『映画 少年たち』や『忍ジャニ参上!未来への戦い』で同グループメンバーと映画出演してきたが、単独での映画本格出演は本作が初めてとなる。

【関連】二宮和也の急な塩対応に、後輩 SixTONES京本大我戸惑う


そんな京本が今回演じるのはAIやロボットについては博学だが、超がつくほどのナルシストなロボットデザイナーという役どころ。ナチュラル志向でカフェインは取らないため、コーヒーを飲まないというこだわりを持つ一面も。撮影前から独特な決めポーズやしぐさを何パターンも研究し、毎日林原のことを考えていたという京本の努力の詰まった演技が生み出した、個性あふれる、どこか憎めないキャラクターは本作の見どころの一つとなっている。


解禁された場面写真では、そんな林原が肘を付いて美しい指先を口元に添え、クールに決めているまさにそのキャラクターを一枚で伺わせる。完璧なポージングで真剣な眼差しを向ける先にはいったい何が?健とタングの冒険に、林原はどのように関わっていくのか?記憶をなくしたロボットとポンコツな大人の大冒険が日本中を笑顔と感動と温かな涙で包み込む映画『TANG タング』、もう間もなくの公開に、期待が膨らむ。



■『TANG タング』
8月11日(木・祝)全国ロードショー
【キャスト】
二宮和也
満島ひかり/市川実日子
小手伸也 奈緒 京本大我(SixTONES)
山内健司・濱家隆一(かまいたち) 野間口徹 利重剛 景井ひな / 武田鉄矢
【原作】『ロボット・イン・ザ・ガーデン』(デボラ・インストール 作 松原葉子 訳 小学館文庫)
【監督】三木孝浩
【脚本】金子ありさ
【配給】ワーナー・ブラザース映画

©2015 DI ©2022映画「TANG」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事に関連するコメント

いーじぇー(ej) @love_aomurasaki 8月1日

SixTONES京本大我“超ナルシスト”な場面写真解禁 完璧なポージングで見つめる先には何が? (ドワンゴジェイピーnews) https://t.co/ecpQm7tLos