香取慎吾&岸井ゆきの、引くに引けない夫婦のガチゲンカ勃発

映画・舞台 公開日:2022/07/27 11
この記事を
クリップ

香取慎吾が『凪待ち』以来3年ぶりに主演を務め、今や日本映画界に欠かせない女優となった岸井ゆきのがヒロインとして共演、さらに井之脇海的場浩司眞島秀和、きたろう、浅田美代子余貴美子ら個性豊かな実力派キャストが脇を固め、市井昌秀が監督・オリジナル脚本を手掛ける新作映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』が9月23日(金・祝)に公開となる。

このたび本作の予告編が解禁となった。また市井監督書き下ろしの小説の発売も決定。


このたび解禁された予告編は「旦那デスノート?」と不穏なひとことからはじまる。それは妻たちの恐ろしい本音、旦那たちが見たらゾッとするようなエグ~イ投稿かびっしり書かれているサイト。結婚4年目を迎える田村裕次郎(香取慎吾)は同僚の蓑山(余貴美子)に「旦那デスノート」の存在を知らされ、「いるいる、こんな奴いる」と他人事のように楽しんで眺めていたが・・・次第にその顔がこわばっていく…。妻の日和(ひより/岸井ゆきの)とは決して仲が悪いとは思っていなかったが、そこにはどう考えても自分への不満としか思えない書き込みが並んでいたのだ。妻の日和の書き込みだと確信しつつも、心配して声をかけてきた職場の後輩の若槻(井之脇海)に裕次郎は「うちは円満」とごまかす。日和の書き込みが止まらないことについに裕次郎が「こんなひどいこと書いておいて、よくいつも笑ってられるよな!」と日和を問い詰めるが、逆に「こんなこと書いているから笑えてんのよ!」と返される始末。引くに引けない夫婦ゲンカが勃発。ますますヒートアップする「旦那デスノート」には書籍化の話が持ち上がり、想いが揺れる日和。いつからこんなことになったのか理解できない裕次郎は、バツ3の浦島店長(的場浩司)に「縁起悪い」と八つ当たり。すれちがう想い、深まる溝。二人ははたして分かり合うことができるのか非常に気になる予告編に仕上がっている。


コミカルな悪口が並ぶ「旦那デスノート」の可笑しさと、市井が描きたかったという“情けない、だらしない、ダメな香取慎吾”に自己を顧みながら笑わずにはいられない・・・しかし、日和の切実な想いと、大切な関係を取り戻そうともがく2人の姿に大いに共感することも間違いなし。誰にでも起こりうることだからこそ、誰もが痛感し、共感できる絶妙なコメディ作品『犬も食わねどチャーリーは笑う』は、残暑も吹き飛ばす笑いを届けてくれること間違いなしだ。


<小説発売決定>

市井昌秀監督(著者名は「市井点線」)書き下ろしによる『犬も食わねどチャーリーは笑う』の小説の発売が決定。9月6日(火)より小学館から出版される。書影は映画のポスタービジュアルをあしらい、インパクトある仕上がりになっている。監督により、香取に当て書きされ、「大切な人との関係性を見つめ直すもの」そして「情けない、だらしないダメな香取慎吾」が描かれている。誰もが痛感し共感できる絶妙のコメディ。映画を先に見てから読んでも、また読んでから映画を見ても楽しめる内容になっている。いい意味で!


文庫本『犬も食わねどチャーリーは笑う』市井点線・著(小学館文庫)

9月6日発売 定価704円(10%税込


『犬も食わねどチャーリーは笑う』予告篇



『犬も食わねどチャーリーは笑う』

9月23日(金・祝)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開

配給:キノフィルムズ/木下グループ 

©2022 “犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)