相葉雅紀が目撃した“なにか”とは…!?『“それ”がいる森』場面写真一挙解禁

映画・舞台 公開日:2022/07/26 5
この記事を
クリップ

不可解な怪奇現象が多発するという実在の森を舞台に、実際に数々の“それ”を見たという目撃情報をベースに描かれる、新時代のホラーエンターテインメント『“それ”がいる森』が9月30日(金)に全国公開となる。



本作は、主演・相葉雅紀演じる田舎で農家を営む田中淳一が、元妻・爽子(江口のりこ)と東京で暮らしていた息子・一也(上原剣心)と暮らすことになり、森の中で得体の知れない“それ”を目撃したところから、松本穂香演じる一也の担任・絵里(松本穂果)とともに怪奇現象に巻き込まれていく、未知の恐怖を描いた物語。


監督を務めるのは、ジャパニーズ・ホラーの代名詞であり、ハリウッドでリメイクもされた不朽の名作『リング』、2000年代興行収入NO.1ヒットホラー映画『事故物件恐い間取り』など、数々のヒット作を生み出してきたジャパニーズ・ホラー界の名匠・中田秀夫監督。日本中を未知の恐怖へ誘う、新時代のホラーエンターテインメント作品がここに誕生。


この度、不可解な怪奇現象が多発するという実在の森を舞台に描いた本作より、場面写真が一挙解禁となった。


解禁された場面写真では、田舎町で農家を営む田中淳一(相葉雅紀)が、懐中電灯を手に“なにか”を見て驚いているような表情を捉えたものからはじまり、東京で離れて暮らしていた淳一の息子・一也(上原剣心)が淳一のもとを訪れ、北見絵里(松本穂香)が担任を務める学校へ転校してくるシーンや、淳一の元妻・爽子(江口のりこ)が一也と接する際に息子との確執を感じさせるような不安な表情を浮かべたもの、そして“それ”を過去に目撃したこがあるという児玉勉(小日向文世)の姿も捉えたものなど、未知なる恐怖を予感させる、どこか物々しい不気味な雰囲気を映し出している。


“それ”と遭遇した彼らに、一体どんな恐怖が待ち受けているのか…!?監督・中田秀夫が描く、新時代のホラーエンターテインメイト『“それ”がいる森』は9月30日(金)全国公開。




■映画『“それ”がいる森』

2022年9月30日(金)全国ロードショー

出演:相葉雅紀 松本穂香 上原剣心 江口のりこ 眞島秀和 宇野祥平 松浦祐也 酒向芳 野間口徹 / 小日向文世

配給:松竹

(C)2022「“それ”がいる森」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)