ハリウッド版『聖闘士星矢』メイキング世界初披露、新田真剣佑「ものすごいアクション」

映画・舞台 公開日:2022/07/25 3
この記事を
クリップ

新田真剣佑初のハリウッド映画主演作となる、『Knights of the Zodiac』(『ナイツ・オブ・ザ・ゾディアック』原題)が、3年ぶりの現地開催となる世界最大級のポップカルチャーの祭典、サンディエゴ・コミコン・インターナショナルに現地時間7月23日夕方17時半より登場した。




本作は、2019年のNetflixで世界中で視聴数NO.1をたたき出した『ウィッチャー』の製作総指揮兼演出のトメック・バギンスキーが監督を務め、アクション監督を『シャン・チー/テン・リングスの伝説』やジャッキー・チェンのスタントで有名なアンディ・チャンが担当。さらにVFXを『マトリックス レザレクションズ』や『DUNE/デューン 砂の惑星』、『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』などハリウッドのそうそうたる超大作を手掛けるDNEGが担当している。


さらに、キャストには主演の新田真剣佑のほか、ショーン・ビーン(『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ、『ゲーム・オブ・スローンズ』)やファムケ・ヤンセン(『X-メン』シリーズ)らハリウッド俳優が脇を固める。


原作は発行部数3500万部を超え、アニメシリーズが世界中で人気となった、車田正美原作『聖闘士星矢』。今回、世界初解禁となったメイキング映像には、鍛え上げられた肉体でアクション練習を行う新田の姿やワイヤーアクションシーン、キャスト達の談笑姿などが収められている。さらに、メイキング映像を彩るのはあの『ペガサス幻想』。原作ファンで埋め尽くされたサンディエゴ・コミコンでの『Knights of the Zodiac』パネルにてこのメイキングが世界初披露され、会場に集まった観客も大興奮。鳴りやまぬ拍手と大歓声に包まれた。


また、2023年、日本を含む全世界公開も決定。日本の配給は東映が、中国以外はソニー・ピクチャーズ・ワールドワイド・アクイジションが配給。オリジナルへのリスペクトも忘れない、一流スタッフとキャストで作り上げられる、ハリウッド版“聖闘士星矢”=『Knights of the Zodiac』、作品の続報を楽しみに待とう。


<主演:新田真剣佑 コメント>

みなさんこんにちは、真剣佑です。僕は、新作映画「Knights of the Zodiac」でセイヤ役を演じています。

今、南アフリカのケープタウンで撮影中のため、コミコンに参加できなくて残念です。「Knights of the Zodiac」は素晴らしいキャストと監督、そして最高のスタントコーディネーターであるアンディ・チャン アクション監督のディレクションのもと、ものすごいアクションシーン満載のとても楽しめる映画になっていると思います。

マディソン(・アイズマン)、ディエゴ(・ティノコ)、トメック(・バギンスキー)監督、アンディ・チャン(アクション監督)、マットとジョシュ(脚本家)、そしてこの企画を実現させたプロデューサーの池澤さんとともに、楽しい時間をお過ごしください。映画をみんなに見てもらえるのをとても楽しみにしていますし、その前に、まずは今日はこのコミコンでのパネルを楽しんでくださいね。次はぜひみなさんと直接お会いしたいです。それではまたね!


▼メイキング映像



■『Knights of the Zodiac』(『ナイツ・オブ・ザ・ゾディアック』原題)

2023年、全世界 公開予定

日本配給:東映

©Masami Kurumada/Toei Animation


※本記事は掲載時点の情報です。