Snow Man岩本照、メンバーからの愛あるメッセージにウルッ「一瞬危なかった」

映画・舞台 公開日:2022/07/23 18
この記事を
クリップ

Snow Man岩本照が23日、都内で行われた主演映画『モエカレはオレンジ色』大ヒット御礼舞台挨拶に村上正典監督と共に出席した。



本作は玉島ノンの人気コミックを実写映画化。クラスメイトと馴染めず一人ぼっちの学生生活を過ごす女子高生・佐々木萌衣(生見愛瑠)が、ひょんなことから出会った真面目でシャイな消防士・蛯原恭介(岩本)との不器用な恋模様を描く。

今月9日に行われた本作の公開記念舞台挨拶に出席することができなかった岩本。この日は映画を観たばかりのたくさんの観客の前に登場すると「こういう場がもうないと思っていたので、自分がまたしゃべる機会を作っていただけてありがたかったです」と感謝を述べる。



公開してから大きな反響が届いているようで、岩本は「おかわりモエカレしたとか、キュンキュンしたという声をいただきました。たくさんの人に見ていただいて嬉しかったです」と笑顔を見せると、またこの日は事前に映画公式SNSへ寄せられた「モエキュンベストシーン」をランキング形式で発表するコーナーも。見事1位となったのは萌衣の部屋に行っておでこに手を当てるシーン。モエキュンシーンのセリフを観客の前で岩本自らが再現。「まあまあ恥ずかしかった」と照れくさそうに語りつつも「まあうまくできたのではないでしょうか」と語ると、会場からは大きな拍手が巻き起こった。

さらに本作の主題歌『オレンジkiss』を歌うSnow Manのメンバー全員から一人ずつ、7分以上に渡って岩本へ愛のあるメッセージがスクリーンに映し出されると、照れくさそうな表情を浮かべながらも、真剣にかみしめるように見入る岩本。「しょっぱなが佐久間だったので一瞬危なかったですね」とホロっとしたことを明かすと「でもびっくりしました。めちゃめちゃ嬉しかったです。こうしてメンバーからメッセージをもらえる機会もあまりなかったので」と感激した様子だった。

最後に岩本は「座長不在の舞台挨拶みんな頑張ってくださってありがとうございました」と前回頑張ってくれた共演者たちに感謝を述べると「たくさんの人に作品を知ってもらって、みんなで作り上げた愛を一人でも多くの方に届けていきたいです」と熱い思いを語っていた。


▼インタビュー記事

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)

この記事に関連するコメント

(ᯅ̈ノ)ノ @x9__v3v 7月30日

2022.7.23 Snow Man岩本照、メンバーからの愛あるメッセージにウルッ「一瞬危なかった」 | ドワンゴジェイピーnews - 最新の芸能ニュースぞくぞく!https://t.co/TEDV7tYRGU