新垣結衣、“教え子”たちからの愛情いっぱいの手紙に感極まる

映画・舞台 公開日:2022/07/22 9
この記事を
クリップ

映画『ゴーストブック おばけずかん』初日舞台挨拶が22日、都内で開催され城桧吏柴崎楓雅サニーマックレンドン吉村文香神木隆之介新垣結衣山崎貴監督が登壇した。


人気童話シリーズ「おばけずかん」を原作に『ALWAYS 三丁目の夕日』などの山崎貴監督が実写映画化した本作。どうしても叶えたい夢を持った少年・一樹(城)が、どんな願いも叶うという禁断の書“おばけずかん”を手に入れたことによって、夢を叶えるための過酷な試練に挑む姿を描く。


子どもたちと冒険を共にする教師・瑤子先生を演じた新垣。撮影中は子どもたちと接する時間も長かったようで、一生懸命に撮影に取り組む姿に心打たれたという。そんな“教え子たち”に、サプライズで撮影を頑張ったことへの表彰状を送る新垣。新垣の言葉をかみしめるように賞状を受け取る彼らの姿に客席もほっこり。


新垣は撮影現場でも、本当の教師のようにリアルに小学生や中学生だった彼らに接していたようで、城は「クランクアップしたとき、僕ら一人一人に手紙を書いて渡してくださったんです」と裏話を披露する。すると今度はサプライズ返しで城、柴崎、サニー、吉村が新垣に感謝の手紙を読むことに。


新垣との思い出に吉村が言葉に詰まり、柴崎やサニーも自分の言葉で新垣への感謝を綴る。最後に手紙を読んだ城は「初めて新垣さんとお会いしたときは、とても緊張していたのですが、とてもやさしく接してくださって、途中からはたくさん話せるようになりました」と笑顔を見せると「新垣さんにはお芝居の面で、たくさん学ばせていただきました。この現場で得たことを活かしていきたいです」と今後の成長を力強く誓う。


【関連】城桧吏、新垣結衣だけが「ニヤッと笑ってくれる」“古い”ギャグで楽しませる


“教え子”たちからの心のこもった手紙に途中感極まる表情を見せた新垣は「とても贅沢な時間でした。嬉しかったです」としみじみ語ると「撮影のときはみんな小学生、中学生でした。そういう時期って一瞬で過ぎてしまうものですが、そんな貴重な時間を一緒に過ごすことができて幸せでした」と感無量な表情を浮かべる。


続けて新垣は「胸がいっぱいになりました」と感情を込めて述べると「みんなが思いを込めて作り上げた作品です。熱い夏ですが、皆さんの楽しい夏を彩ることができる作品になればいいなと思います」と映画に込めた思いを語った。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 37件)