『HiGH&LOW THE WORST X』THE RAMPAGEら担当する注目の劇中楽曲解禁

映画・舞台 公開日:2022/07/20 2
この記事を
クリップ

シリーズ累計観客動員556万人・興行収入78億円突破、男たちの友情と熱き闘いを様々なメディアで描く『HiGH&LOW』シリーズと、累計8000万部突破・不良漫画の金字塔『クローズ』『WORST』(原作・髙橋ヒロシ)の、2大最強コンテンツ・クロスオーバー映画『HIGH&LOW THE WORST』の続編『HiGH&LOW THE WORST X』(読み:「X」=クロス)が2022年9月9日(金)に全国の劇場で公開される。

THE RAMPAGE × NCT 127 × BE:FIRST”のアーティストらが共演する奇跡のクロスオーバー映画として、4月の情報解禁時にはトレンドの上位をジャックするほどの大きな話題となり、既に公開を待ち望む声が続出している。様々なアーティストによる映画のための書き下ろし楽曲が注目を集めることでも知られている『HiGH&LOW』シリーズだが、この度、待望の最新作の劇中楽曲情報が解禁された。


THE RAMPAGEをはじめ、MA55IVE THE RAMPAGEBALLISTIK BOYZPSYCHIC FEVERDEEP SQUADが担当することが決定。今回解禁された5曲は、『Slam That Down』(THE RAMPAGE)、『RIDE OR DIE』(MA55IVE THE RAMPAGE)、『We never die』(BALLISTIK BOYZ)、『WARRIORS』(PSYCHIC FEVER)、『Pouring rain』(DEEP SQUAD)のラインナップ。


『Slam That Down』は、楓士雄と氷室の激しい戦闘シーンに勢いと迫力をクロスする劇中歌として制作。印象的なエスニックなフレーズと力強くエッジの効いた重厚なビートで、敵を「叩きつける」ような攻撃的なダンスナンバー。目の前の大きな敵に対峙した時に訪れる緊張感と高揚感。迫り来る恐怖に怯むことなく勝利を掴み取る為に最期まで諦めないことを歌った、極限の世界でも己を鼓舞するパワフルな一曲に仕上がっている。


『RIDE OR DIE』は、瀬ノ門工業高校・江罵羅商業高校・鎌坂の三校連合のテーマ曲として制作されたMA55IVE THE RAMPAGEの新曲。ヒップホップとロックを掛け合わせた攻撃的なトラックに乗せて歌唱される、「THE WORST」の世界観をベースに書き下ろされた硬派かつ熱量の高い歌詞が印象的な仕上がりとなっている。


『We never die』は、『クローズ』『WORST』でお馴染み、今作満を持して登場する最強高校・鈴蘭男子高校の登場シーンで使用される楽曲。強いけど、優しく、そして孤高の美しさを表現する。ラウドロック×ヒップホップ×エレクトロ全てを掛け合わせた、新時代ミクスチャーサウンド。ソリッドかつ重厚感のあるギターサウンドに、深く沈み込むベースとリズミカルなドラムス、鼓膜を貫くシャープなシンセサイザーにのせて、BALLISTIK BOYZの7人がマイクリレーを繰り広げる。


『WARRIORS』は、本作のメインのアクションシーンで流れる楽曲でヒップホップとオルタナティヴ・ロックが融合したアグレッシブでエモーショナルな仕上がりになっている。戦いの中で共鳴し合い大きな力に挑んでいく...そんな想いを高揚させ鼓舞する戦闘テーマを劇伴初参加となる PSYCHIC FEVER が担当する。


『Pouring rain』は、三校連合に襲われ、鬼邪高が窮地に立たされるシーンで流れる楽曲。印象的なピアノのイントロから始まるDEEP SQUADメンバー3人(比嘉涼樹杉山亮司宇原雄飛)によるバラード曲。『HiGH&LOW THE WORST X』の世界観をピアノとストリングスを中心としたサウンドで表現し、”本当の強さ”をテーマに内に秘めた覚悟を感じることが出来る力強さが詰まった1曲が完成。


さらに、各楽曲が流れる劇中シーンの場面写真とともに、1コーラスを特別に先行解禁。これを聞けば映画の世界観をより体感できること間違いなし。最高にアガる楽曲とともに繰り広げられる、史上‟最熱“のクロスバトルアクション超大作に是非ご期待いただきたい。


『HiGH&LOW THE WORST X(クロス)』

配給:松竹

9月9日(金)全国ロードショー

©2022「HiGH&LOW THE WORST X」製作委員会 ©髙橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)