西島秀俊主演『グッバイ・クルエル・ワールド』本ポスター&意味深な場面写真も解禁

映画・舞台 公開日:2022/07/20 10
この記事を
クリップ

主演・西島秀俊、共演に斎藤工宮沢氷魚玉城ティナ宮川大輔大森南朋三浦友和などの豪華俳優陣が集結した、大森立嗣監督作品『グッバイ・クルエル・ワールド』(9月9日全国公開)の本ポスターと新たな場面写真が解禁となった。



西島秀俊、斎藤工、玉城ティナ、宮川大輔、三浦友和が演じるのは、全員互いに素性を明かさない一夜限りの強盗団。ある夜、彼らはラブホテルで秘密裏に行われていたヤクザ組織の資金洗浄現場を狙い、大金強奪の大仕事に成功。それぞれの生活に戻るメンバーだったが、警察やヤクザ組織に追われる日々が始まる。宮沢氷魚演じるラブホテル従業員、大森南朋演じるヤクザと黒い繋がりを持つ刑事などを巻き込み、大波乱の物語が幕を開ける。監督・大森立嗣×脚本・高田亮がオリジナルで描く豪華俳優陣によるエキサイティングでポップな銃撃戦クライム・エンターテインメント。

【関連】西島秀俊 斎藤工ら豪華俳優陣集結の注目作、色気とヤバさ全開の世界に誘われる特報解禁


このたび、西島秀俊、斎藤工、宮沢氷魚、玉城ティナ、宮川大輔、大森南朋、三浦友和などの豪華キャストが、全面に配された本ポスターが解禁となった。西島演じる元ヤクザ組長の安西は端正さとバイオレンスの香りが漂うギャップ溢れる表情。斎藤工演じる、粗野で凶暴な闇金業者・萩原はクールな表情の奥に狂気を潜ませる。宮沢氷魚演じるラブホテルの従業員・矢野の銃を担ぐ姿は、常識外の恐ろしさを感じさせる。玉城ティナ演じる強盗団の一員・美流は、不遇な環境から抜け出すため銃を手にする強い眼差しが印象的だ。宮川大輔演じる美流の魅力に取り憑かれた・武藤は強盗団の一味、正面を見据えた強い表情が光る。大森南朋演じる刑事・蜂谷。表社会と裏社会の間でしがらみにまみれながら強盗団を追い詰める。そして、三浦友和演じる、金持ちどもの転落を画策する浜田。どこか掴みどころのない、怪しげな狂気を潜ませる。これら豪華キャストと並び、背景のキャッチーな赤、劇中でも印象的に使われたフォード・サンダーバードの写真と、“ようこそ、狂乱の世界へ。”のコピーが、作品の観るものをクルエル・ワールドへ誘うポスターとなっている。


また、新たに場面写真も解禁された。


家族との平穏な暮らしを望む安西と、安西の妻(片岡礼子)の子供との食事のシーンを切り取ったものや、安西と刑事・蜂谷の笑顔ながらも二人の間に銃が転がる意味深なシーン、安西が浜田に銃口を突きつける不穏なシーン、矢野と美流の印象的なシーンなど映画で描かれているクルエル・ワールドの世界観や緊迫感が伝わる写真となっている。

【画像】場面写真(全6枚)


<映画『グッバイ・クルエル・ワールド』ノベライズ発売>
映画原作ならではのエキサイティングなクライム・アクションは、スリルと疾走感にあふれ、読みごたえ抜群。さらに、丁寧に書き上げられた登場人物それぞれの心理描写が物語に深みを与える。小説だからこそ味わえる最高のクライム・エンターテインメント、誕生。

8月10日全国発売
【著者】黒住光(『ノベライズ 花束みたいな恋をした』『SUNNY 強い気持ち・強い愛』など)
【定価】本体1,500円+税
【発行】リトルモア



■映画『グッバイ・クルエル・ワールド』
9月9日(金)全国公開
【出演】西島秀俊 斎藤工 宮沢氷魚 玉城ティナ 宮川大輔 大森南朋 /三浦友和
奥野瑛太 片岡礼子 螢 雪次朗 モロ師岡 前田旺志郎 若林時英 青木柚 / 奥田瑛二 鶴見辰吾
【監督】大森立嗣
【脚本】高田亮
【オープニング曲】『What Is This』Bobby Womack(Universal Music)
【劇中曲】
『Let’s Stay Together』Margie Joseph(Warner Music Japan)
『Back In Your Arms』Wilson Pickett(Warner Music Japan)
【エンディング曲】『California Dreamin’』Bobby Womack(Universal Music)
【配給】ハピネットファントム・スタジオ
【レーティング】R-15

©2022『グッバイ・クルエル・ワールド』製作委員会


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 7件)