ミニオンズ、Tレックスとの対面にびっくり仰天!?洋画大作の最強タッグが実現

映画・舞台 公開日:2022/07/14 7
この記事を
クリップ

世界中で“ミニオンブーム”の社会現象を巻き起こした「ミニオンズ」シリーズ待望の最新作『ミニオンズ フィーバー』(7月15日公開)とシリーズ最新作にして完結編となる『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』(7月29日公開)のコラボレーション映像が到着した。


大ヒットを記録した『SING/シング:ネクストステージ』ほか「怪盗グルー」シリーズ、「ペット」シリーズなど、誰もが知っている人気アニメーション作品を世に送り出しているイルミネーション。最強最悪のボスに仕えることが生きがいのミニオンたちがグルーと出会うまでの話にフォーカスが当てられた『ミニオンズ』(15)、グルーとバナナが大好きな相棒のミニオンたちを中心に物語が展開する『怪盗グルーのミニオン大脱走』(17)は日本でも大ヒット。今や”ミニオン”は絶大な人気を誇るキャラクターとして日本を含め世界中で愛されている。最新作では、1970年代を舞台にグルーとミニオン最大の謎であるはじまりの物語が描かれる。


主人公:グルーの声は笑福亭鶴瓶が続投。さらに新キャストとして、グルーがあこがれる悪党グループ ヴィシャス・シックスの元リーダー:ワイルド・ナックルズ役で市村正親、ミニオンたちの前に立ちはだかる最強悪党チーム ヴィシャス・シックスの女リーダー:ベル・ボトム役で尾野真千子、ミニオン達の師匠になるカンフーの達人:マスター・チャウ役で渡辺直美が参加。この夏、ミニオン史上最高のハチャメチャな物語に期待が高まっている。





巨匠、スティーヴン・スピルバーグが“恐竜”に命をふきこみ、誰も観た事がなかったリアルでスリリングな映像体験に世界中の人々が心を躍らせ、映画史に偉大な足跡を残した『ジュラシック・パーク』、そして『ジュラシック・ワールド』シリーズ。累計 5000 億円以上の世界興行収入を記録しているシリーズ最新作にして完結編となる『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』と、世界中で“ミニオンブーム”の社会現象を巻き起こした「ミニオンズ」シリーズ待望の最新作にして、グルーとミニオンたちの最大の謎である“はじまりの物語”が明かされる『ミニオンズ フィーバー』の公開を記念して夢のコラボレーション映像が到着した。


今回の映像は「怪盗グルー」や「ミニオンズ」シリーズ、「SING/シング」シリーズを世に送り出したイルミネーションがこのコラボレーションのために特別に制作したもの。ビルの屋上にやってきたスチュアートとボブの姿からはじまり、スチュアートにそそのかされたボブが恐る恐る「ベロー…!」と遠くの方に呼びかけるが、特に変化は無し。見かねたスチュアートが大きな声で「ベロー!!!」叫ぶと、とてつもなく大きな顔のティラノサウルス・レックスが巨大な咆哮とともに目の前に現れ、スチュアートとボブも思わずびっくり仰天。カメラが引くと、ミニオンたちがいたのはジュラシック・ワールドの世界であることが明らかに。現代社会を我が物顔でのし歩く恐竜たちの迫力に圧倒されながらも、ミニオンたちのおバカさと可愛らしさが大フィーバーしたハチャメチャにスペシャルな映像となっており、2作品の劇場公開にますます期待が膨らむ。


こちらの映像は『ミニオンズ フィーバー』の公開初日となる 7月15日(金)より全国の劇場(一部地域を除く)でも放映開始予定。




※本記事は掲載時点の情報です。