二宮和也、常に自然体で的確な演技を次々と披露『TANG タング』撮影現場レポート到着

映画・舞台 公開日:2022/07/14 9
この記事を
クリップ

ワーナー・ブラザース ジャパン合同会社は日本を代表する俳優・二宮和也を主演に迎え、新作映画『TANG タング』を製作、2022年8月11日(木・祝)に公開する。この度、撮影現場レポートが到着。メイキングカットも解禁された。


映画『TANG タング』の主演は人気・実力ともに日本を代表する俳優、二宮和也。国民的アーティストグループ「嵐」の活動休止以降、初の主演映画となる本作で二宮は、妻に捨てられ、人生に迷うダメ男を演じる。二宮の今回の共演相手はまさかの、記憶を無くした迷子のへっぽこロボット。原作はベルリン国際映画祭で「映画化したい一冊」に選ばれた、イギリスのハートウォーミング小説「ロボット・イン・ザ・ガーデン」。日本国内でもシリーズ累計発行部数38万部を超えるベストセラーで、根強い人気を誇っている。



ゲーム三昧で妻に捨てられた、ダメ男・春日井健。わけあって無職で人生に迷子中。ある日、健の家の庭に突然現れたのは、記憶をなくした迷子のロボット。どこからきて、何のためにやってきたか分からないそのロボットは自分の事を“タング”と名乗った。タングを最新型ロボットと交換するために始まった旅は、いつしかタングを直す旅に。しかし、そこで明らかになるのは、タングが失った記憶に、世界を変える秘密が隠されているという事だった――。タングの記憶の為に大きな選択を迫られる健。ふたりの迷子が大冒険の先に見つけた、人生の宝物とは――。


主演には日本を代表する俳優・二宮和也、共演に満島ひかり市川実日子小手伸也奈緒京本大我SixTONES)、かまいたち (山内健司濱家隆一)そして、武田鉄矢といった超豪華なキャスト陣が集結した映画『TANG タング』。ゲーム三昧で妻に捨てられたダメ男・健(二宮)と記憶をなくした迷子のロボット・タングが大冒険を繰り広げ、その旅路での出会いを通して健とタングが成長し、絆を育んでいく様子を描いた物語だ。撮影は2021年3月から5月にかけて行われた。


主人公・健を演じる二宮和也と、その妻・絵美を演じる満島ひかりのクランクインは、3月26日。都内にある洋館風のハウススタジオからだった。この日撮影されたのは華やかなホームパーティのシーン。室内には色とりどりの花やバルーンが飾られ、テーブルの上には丸寿司やブルスケッタ、生ハムサラダなど豪勢な料理が並ぶ。ドレスやスーツに身を包んだエキストラたちが揃ったところで、三木孝浩監督がシーンの説明を開始。「テーブルに沿って一列になり過ぎなので、もう少しばらけて自然な形にしましょう」など、丁寧かつ的確に指示を出していく。


スタッフと歓談しながらその様子を眺めている二宮。本作の作品性を表すような穏やかな空気が早くも流れており、そこに満島ひかりと、健の姉・桜子役の市川実日子が登場するとさらに場が華やぐ。室内で10数名がそれぞれ動くシーンのため、グラスを持つ/持たないといった細かなセリフのニュアンスについて三木監督と入念に確認する満島と市川。だが二人とも、真剣な中にも笑顔を絶やすことはない。待ち時間中も二宮・満島・市川で談笑するなど、チームワークは早くも抜群。


順調に撮影が進んでいくなか、このシーンのハイライトといえる瞬間が訪れる。それは、絵美が開けたシャンパンのコルクが大きく弧を描いて飛んでいき、最後尾にいた健がキャッチするシーン。実際にはコルクを正確に飛ばすのは難しいため、そう「見せる」ために長テーブルやエキストラの面々を挟んだ満島と二宮がタイミングを合わせないといけない場面だったが、二宮の「飛んできたコルクをキャッチする」演技の上手さにより、こちらもスムーズに撮影完了。実際にコルクは飛んでいないにもかかわらず、そうとしか見えない流石の表現力と瞬発力を見せつけた。


初日を振り返った二宮は「ここからどうなっていくか想像がつかない。タングとの会話も実際には1人で演じますからね」と気を引き締めつつ「ロボットとの共演に縛られ過ぎず、いい芝居を優先したい」と語っていた。


1/2ページ