三代目JSB、最恐ホラー最新作とコラボ 『貞子DX』主題歌は中毒性のあるダンスナンバーに

映画・舞台 公開日:2022/07/12 3
この記事を
クリップ

三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの書き下ろし楽曲『REPLAY』が、10月28日(金)全国ロードショーとなる『貞子DX 』の主題歌に決定したことが発表された。また、本日ポスタービジュアルと本予告映像が解禁となった。



「見た者が必ず一定期間ののち死に至る」という“呪いのビデオ”の恐怖を描き、呪いがビデオを介して拡散されるという衝撃的な設定が世界中を震撼させた最恐ホラーの最新作『貞子DX 』。貞子の呪いに立ち向かう IQ200 の天才大学院生を演じるのはドラマ、映画、CM と活躍を続ける小芝風花。文華と共に呪いに挑む自称占い師・前田王司役には、人気グループ THE RAMPAGE from EXILE TRIBE川村壱馬、協力者の感電ロイド役には黒羽麻璃央。文華の母親・一条智恵子役に西田尚美、妹の一条双葉役に八木優希、呪いの謎の解明に文華を誘う人気霊媒師・Kenshin 役に池内博之、Kenshin の父親・天道琉真役に渡辺裕之ら実力派俳優が集結。若手からベテランまで個性的な俳優陣が揃い、監督:木村ひさし、脚本:高橋悠也のタッグで進化した“貞子”のストーリーを盛り上げる。



予告映像は、“呪いのビデオ”による突然死が全国各地で相次いでいるという不穏な映像から幕を開ける。IQ200 の頭脳を持ち、「すべては科学的に説明できる」と断言する大学院生・一条文華(小芝風花)は、テレビ番組で共演した人気霊媒師 Kenshin(池内博之)から事件の解明を挑まれ、自称占い師の前田王司(川村壱馬)と謎の協力者・感電ロイド(黒羽麻璃央)ともに、デジタル社会に適応し【変異】した貞子の“呪い”のを解明すべく奔走する。文華たちは、SNS で拡散され瞬く間に広まっていく呪いを止めることはできるのかー!?


併せて解禁されたポスタービジュアルでは、現代社会へと適応しパワーアップを遂げた貞子の呪いを前に、IQ200 の頭脳でその謎を解明しよう立ち向かう文華の姿と、文華とともに呪いの解明に挑む前田王司と感電ロイドの姿も映し出され、貞子 VS 天才、呪い VS 頭脳の対決の行方に期待が高まる。


また、本作の主題歌は三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE による書き下ろし楽曲『REPLAY』に決定した。解禁に併せて、NAOTO小林直己岩田剛典からのコメントも到着した。



コメント

NAOTO:『REPLAY』は、貞子オリジナルの「来―るーきっと来るー」くらい、中毒があるので”きっと来るー越え”できるくらい“REPLAY”して何度でも聞きたくなる曲になっています!ダンスナンバーでもあり、ぜひみんなに踊ってもらいたいです『貞子DX』新作としても僕ら楽しみにしてますし、貞子という世界中に知られている日本のジャパニーズホラーと、三代目 JSOUL BROTHERS とのコラボに、ぜひ、みなさん期待していてください。


小林直己:新曲、そして「貞子」とのコラボレーションということで、さまざまな曲を聴き比べながら、メンバーとも相談しながら作りました。タイトルの「REPLAY」にある通り、かなり中毒性のある、クセになる曲となっているので、それが『貞子DX』の映像とどうマッチしていくのか楽しみです。そして、踊れるナンバーになっているので、曲だけでも皆さんに楽しんでもらえましたら嬉しいです。


岩田剛典:メンバーみんな『貞子』は絶対見てきた作品でしたし、主題歌と言えば「来―るーきっと来るー」のイメージだったので、今回のオファーは本当に驚きました。三代目のリミックス?みたいに思いきや、三代目としてダンスナンバーを表現してくださいっていうことで、どういう化学反応が起きるのか?というところですごくワクワクしました。







©2022『貞子DX』製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。