杉野遥亮、あわやネタバレの危機「これ言っちゃダメ…?」

映画・舞台 公開日:2022/07/06 2
この記事を
クリップ

映画『バイオレンスアクション』(8月19日公開)の完成披露試写会が6日、都内の劇場で行われ、主演を務めた橋本環奈杉野遥亮鈴鹿央士馬場ふみか太田夢莉城田優高橋克典が出席した。




『バイオレンスアクション』は、『やわらかスピリッツ』(小学館)で連載中のマンガが原作。“ピンクボブ”がトレードマークの菊野ケイが、専門学校に通いながら指名ナンバーワンの殺し屋として活躍する姿を描く。


アクションシーン満載の本作。主演の橋本は「大変でしたね。タイトルに『バイオレンスアクション』というくらいなので。毎日戦っていた。撮影期間中、大勢の人を殺していた。撮影前に『今日は30人です』とか言われるんですよ」と苦笑い。特に苦労したのはワイヤーアクションで「吊られているのでだんだん体が動かなくなってくる。引っ張られるけど飛んでいるように見せないといけなかった。バランスが難しかった。毎日体が痛かった」と苦労を振り返った。


本作では「ボリュメトリックキャプチャ」という最新技術を使用してアクションが撮影された。橋本は「360度グリーンバックなんです」と紹介し、「なにせ(囲まれているから)暑いです。すっごい暑い」と語った。


このグリーンバックでの撮影に、頭脳明晰なヤクザの金庫番・テラノを演じた杉野も挑んだという。杉野は「高橋さんとグリーンバックで落ちるシーンを撮影しました」と映画のラストに関わる場面に触れる発言をしてしまい、「あっこれ言っちゃダメ…?」とキョトン。司会者が「もう言っちゃったので大丈夫です」と冷静に返し、城田が「何がどこに落ちたか言っていないから大丈夫だよ」とフォローした。しかし杉野は続きのトークで「アクション経験そこまでなかったけど、最後のシーンは高橋さんにお世話になった」と再び同シーンについて触れ、会場はくすくすと笑いが漏れた。杉野は「あれ。これまた言っちゃった?」と冷や汗だった。


この日、キャスト陣は夏らしい浴衣姿で登壇。橋本は「今シーズン初めての浴衣。みなさんも夏らしくて、すてきな浴衣姿。明日は七夕なので、季節柄のこういった衣装で登場できてうれしい」と喜んだ。



明日に控えた七夕に向けて短冊に願い事をしたためた一同。杉野は「世界一周」と記し、「僕の夢は仕事でいろんな場所に行くこと。それが叶えばいいな。行きたいところは……ドバイ!」と回答。会場から謎の笑いが起こると「え?なんでですか…?ドバイなんか良さそう。先端な感じがしない?最先端な感じ!ドバイの仕事お待ちしてます」とにんまりだった。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 31件)