岡山天音 戸塚純貴 塩野瑛久ら5人の吸血鬼『VAMP SHOW』コンセプトムービー解禁

映画・舞台 公開日:2022/07/01 3
この記事を
クリップ

パルコ・プロデュース2022『VAMP SHOW ヴァンプショウ』が、8月8日(月)~8月28日(日)の東京・PARCO劇場の公演を皮切りに、愛知、大阪、福岡で上演される。




本作は、1992年、サードステージのプロデュース公演として初めて上演された伝説の舞台。2001年にはパルコ&サードステージ提携プロデュースとしてPARCO劇場にてキャストを一新し、池田成志の演出で上演された、三谷幸喜作、異色のホラー・コメディ。

仲良く旅する5人組の吸血鬼。うっそうとした森に囲まれたさびれた山間の駅にたどり着く。駅には駅長と、電車を待つ女性が一人・・・。

西村雅彦古田新太、池田成志(1992年)、佐々木蔵之介堺雅人河原雅彦橋本じゅん、伊藤俊人(2001年)と、当時の若手実力派俳優が出演し、上演してきた幻の作品がついにPARCO劇場へ帰ってくる。


第一弾ビジュアルでは、渋谷PARCOの目の前で大きく羽根を広げるチュウチュウボーイズたち(岡山天音平埜生成戸塚純貴塩野瑛久尾上寛之)の躍動感あふれるビジュアルを発表した。今回解禁となるのは、2022年のとある夜、21年振りに渋谷に舞い降りた5人の吸血鬼たちがいよいよPARCO劇場の客席内へ。チュウチュウポーズで不敵な笑みを浮かべるビジュアル。ついに彼らが劇場に帰ってくる。


また、同時に解禁するのは、令和の吸血鬼がネオン光る深夜の渋谷PARCOで遊ぶ、ポップなコンセプトムービー。スクランブル交差点、センター街、スペイン坂を上がるとそこは新生「PARCO劇場」。獲物の血を狙う現代の吸血鬼たちが、迷い込んだ2人(久保田紗友菅原永二)に今宵、牙を剥く。本編とは異なる、2022年の吸血鬼をイメージしたビジュアルコンセプトムービーだ。


21年振りに蘇る、作:三谷幸喜×演出:河原雅彦の最強タッグが贈る、真夏のホラー・コメディを楽しもう。


▼コンセプトムービー



■パルコ・プロデュース2022『VAMP SHOW ヴァンプショウ』

東京公演:8月8日(月)~8月28日(日)@PARCO劇場

※愛知、大阪、福岡公演あり

企画・製作:株式会社パルコ

※本記事は掲載時点の情報です。