『劇場版 ねこ物件』本編映像初公開、古川雄輝らの新たな展開を予感させるカットも

映画・舞台 公開日:2022/07/01 1
この記事を
クリップ

4月より、テレビ神奈川、TOKYO MX、BS11ほかにて放送され、ねこ×イケメン×シェアハウスの組み合わせで話題を呼んだオリジナルドラマ『ねこ物件』が映画化。猫成分も癒しも感動もスケールアップした『劇場版 ねこ物件』が8月5日(金)より全国の劇場にて公開される。この度、本編映像初公開となる特報が完成、あわせてムビチケ前売券情報が解禁となった。



萌えるシャエアハウスへようこそ。最近、心が殺伐としていませんか?毎日がつらく、日々に癒しがない。そんな時には何も考えず、猫と過ごしてみてはいかがでしょうか?本作は「猫付きシェアハウス」を舞台に贈る、猫が結んだ“家族”の物語。毎日を生きることが好きになる、新鮮な感動を届ける。


二星優斗は祖父・幸三の死をきっかけに残された2匹の猫、クロとチャーと共に“猫付きシェアハウス”を始めることに。入居条件は「猫に気に入られる事」。不動産会社の広瀬有美の手を借りながら、5人と新たな入居猫を加えた3匹の“二星ハイツ”が出来上がった。劇場版では、優斗が幼い頃に離ればなれになった弟の存在を想い出して、探し出すことを決意する。その方法とは、“猫付きシェアハウス”と自分の存在を全国に知らしめて、再び住人を募ることだった!そんな優斗をサポートしようと“二星ハイツ”の入居者だった、修、毅、丈、ファンの4人が帰ってきた。そしてある日、加納直人と名乗る人物が入居希望者として現れる――


主人公の二星優斗を演じるのは、プライベートでも猫を飼い、念願のねこ作品で初主演となる古川雄輝。共演に細田佳央太上村海成本田剛文BOYS AND MEN)、松大航也金子隼也山谷花純と、注目の若手俳優が勢揃い。さらに、長井短竜雷太ら実力派が脇を固める。監督は『おいしい給食』シリーズを手掛けた綾部真弥。主題歌はSPiCYSOL『Bell』。本作の陰の主役、愛くるしい猫たちに、クロ、ヒゲ、チャー、ししまる、ケイ、ぽんず、おはぎ。


この度、『劇場版 ねこ物件』の特報と場面写真が解禁。映像には、猫と人の絆を感じさせるシーンが散りばめられている。優しい映像とともに、「気分屋だけど甘えたい。そっけない態度は何かが足りない。落ち込んでいる人がいたら 寄り添いたい。猫のようだけど、だいたい人も一緒のようだ。」というナレーションが流れ、「猫付きシェアハウス」を舞台に猫が結んだ家族を描く心温まる物語に期待が高まる。また、解禁された場面写真には、“二星ハイツ”に集った仲間たちが猫と楽しく過ごす様子が写し出されている。愛くるしい猫たちの写真に、ほっこり癒されること間違いなし。さらに、新たな入居希望者・直人を優斗、有美が見守るカットからは、新たな展開を予感させる。


さらに、7月1日(金)より、ムビチケ前売り券の販売が開始。特典は、クロ、ヒゲ、チャー、ししまる、ケイ、ぽんず、おはぎ、出演キャット勢揃いのオリジナルマルチファイル。ムビチケオンライン券は特製スマホ壁紙。一部除く上映劇場窓口とオンラインで販売される。「猫付きシェアハウス」を舞台に贈る、今夏一番のハートフル・ストーリー『劇場版 ねこ物件』は、8月5日(金)より新宿ピカデリー他全国公開。


▼特報映像



■『劇場版 ねこ物件』

2022年8月5日(金)新宿ピカデリーほか全国公開

企画・配給:AMGエンタテインメント

配給協力:REGENTS

(C)2022「ねこ物件」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 13件)